【サッカー人気2位】オルンガ、西川潤の移籍のウワサが示唆……

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【新東京書簡】第七十四信『番記者、未来予想図』海江田(20.7.1)

新東京書簡

第七十四信 番記者、未来予想図

■現場の優位性が浮き彫りになるだろうと考えた

Netflixのドキュメンタリー「マイケル・ジョーダン:ラストダンス」を夢中になって観て、こういうのを書けたら死んでもいっかなあと思う。

アメリカスポーツ史に屹立するNBAシカゴ・ブルズのスーパーヒーロー、マイケル・ジョーダンの最後のシーズンを軸に、時代を行きつ戻りつしながらキャリアの軌跡を辿っていく。

深部まで入っていくテレビカメラ、そこで交わされる会話、証言の生々しさ。名将フィル・ジャクソン、最強の相棒スコッティ・ピッペン、怪人デニス・ロッドマンはもちろん、脇を固めるスティーブ・カー、ライバルチームのキーマン、家族、ファン、メディア、セキュリティといった日陰の存在まで、何ひとつ粗末に扱うことなく丁寧に描かれていた。

スポーツの現場で起こっているエモーショナルな衝動に触れ、ぞくぞくした。そこに自ら足を運び、周囲に目を配り、見えないものを感じ取って、はじめて生まれる文脈がある。あらためて、それを確信した。

6月27日、J2再開。東京ヴェルディがFC町田ゼルビアをホームに迎えた一戦、おれはペン記者の取材枠の都合により、自宅での観戦となる。非常時において、何より優先されるべきは公共の利益だから文句はない。

これにより、ふだんとは一風違ったマッチレポートを書かざるを得ない状況が出来上がる。それはそれで興味があった。

(残り 1587文字/全文: 2181文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック