【サッカー人気1位】錦糸町フットボール義勇軍に「解散はない…

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【マッチレポート】J2-3[A] 栃木SC戦『窮地に陥るも、辛うじて勝点1』(20.7.6)

『人のいない夏』2020.7.5

『人のいない夏』2020.7.5

2020年7月5(日)
J2第3節 栃木SC vs 東京ヴェルディ
19:03キックオフ 栃木県グリーンスタジアム
[入場者数]0人 [天候]曇、無風、気温22.4℃、湿度90%

栃木 1‐1 東京V
前半:0‐0
後半:1‐1
[得点]
1‐0 榊翔太(49分)PK
1‐1 佐藤優平(57分)A福村貴幸1
※A=アシスト。今季より東京Vのみカウント。

●東京Vスターティングメンバー
GK1   柴崎貴広
DF2   若狭大志
DF6   高橋祥平
DF5   平智広
MF8   藤本寛也(51分 福村)
MF9   佐藤優平
MF20 井上潮音(46分* 森田)
MF11 井出遥也(83分 藤田)
FW48 山下諒也
FW25 端戸仁
FW24 奈良輪雄太
(ベンチメンバー:GK31マテウス。DF16福村貴幸。MF18新井瑞希、19小池純輝、7河野広貴、14森田晃樹、36藤田譲瑠チマ)

監督 永井秀樹

試合データなど(東京ヴェルディ オフィシャルサイト)

■ぬるっと試合が始まる

キックオフ15分前、いつもなら選手たちがウォーミングアップを終え、サポーターの声援に応えながら引き上げる。人々が目の前を忙しく行き交い、ある人はビールを片手に、またある人はチケットを手に座席を探している。それらが混然一体となったざわめきに満ち、いよいよスタジアムのヴォルテージが高まっていくところだ。

が、いかんせんスタンドは無人。抑揚のない時間が流れ、ぬるっと試合が始まった。

ゲーム序盤、東京ヴェルディは初スタメンのルーキー、山下諒也のスピードを生かし、栃木SCの守備網に穴を開けようとする。2分、高橋祥平のロングキックから山下、9分、藤本寛也とのワンツーから山下が突破を図る。いずれも相手との接触プレーで倒れ、レフェリーの笛は鳴らない。

そうして栃木のディフェンスラインを下げ、東京Vがボールを握りやすい状況はだんだんできていった。しかし、前節のFC町田ゼルビア戦と比べれば、ボールを低い位置で回す時間が大半だった。

18分、栃木にチャンス。榊翔太の左足の直接フリーキックがポストを直撃する。『栃木フットボールマガジン』の鈴木康浩さんからは、東京V対策として前線からの守備力強化に主眼が置かれた先発起用ではないかと聞いていた。「あんないいの持ってんじゃん」と文句を言うと、「持ってましたね」と鈴木さんは笑った。

(残り 2191文字/全文: 3225文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック