観衆508人の衝撃(J論)

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【直前インフォメーション】J2‐5[H] ヴァンフォーレ甲府戦のポイント(20.7.15)

ホームのサポーターの前で、今季初勝利を!   ©TOKYO VERDY

ホームのサポーターの前で、今季初勝利を!   ©TOKYO VERDY

J2第5節、20位の東京ヴェルディ(勝点2/0勝2分2敗 得失点-4)は、9位のヴァンフォーレ甲府(勝点6/1勝3分0敗 得失点+1)と、19時から味の素スタジアムで対戦する。今年一発目の勝どきを上げるのはここだ。

■案外、スロースターターでもなかった

シーズンの出足の悪さには、慣れている。

東京ヴェルディは伝統的にスロースターターだ。すっかりそう思い込んでいたのだが、どうやらそれは記憶にこびりついた苦い経験による先入観に過ぎなかったらしい。

過去10シーズン、開幕5試合で五分以上の成績を残したのは、2012年、2015年、2017年、2018年。決して、出足がいいとは言えないが、そこまで悪くもない。ごく平均的な、そこそこの成績である。

ただし、2017年から2シーズン、東京Vを率いたのはロティーナ監督(現セレッソ大阪監督)。老練なスペイン人指揮官の偉大さを物語るという見方も可能だ。

ちなみに5戦未勝利だったのは、2010年、2013年、2014年。いずれのシーズンも6試合目に初勝利を挙げている。それよりさらに遅いとなると、J1時代の2004年まで遡らなければならない(7試合目で勝利)。つまり、J2においては、5戦未勝利が不名誉なクラブ記録ということになる。

(残り 1070文字/全文: 1698文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック