【サッカー人気1位】錦糸町フットボール義勇軍に「解散はない…

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【監督・選手コメント】J2-7[H] モンテディオ山形戦に向けて ~永井監督、山本、福村~(20.7.24)

ジェフユナイテッド千葉戦で故障から復帰した山本理仁。永井サッカーの主要キャストが帰ってきた。   ©TOKYO VERDY

ジェフユナイテッド千葉戦で故障から復帰した山本理仁。永井サッカーの重要キャストが帰ってきた。   ©TOKYO VERDY

25日のJ2第7節、モンテディオ山形戦(18:00 味の素スタジアム)に向けて、永井秀樹監督、山本理仁、福村貴幸は次のように話した。

DF16福村貴幸
――前節のジェフユナイテッド千葉戦は、後半からの出場でした。監督からの指示は?
「対面の米倉(恒貴)選手をうまく引き出すこと。あとはボックス脇のポケットを使っていけ、というものでした。リードしている状態だったので、責任感を持って、勝ってゲームを終わらせる態勢で入っています」

――78分、端戸仁選手の決勝ゴールをアシスト。際どいところにクロスを入れましたね。
「最初は山下(諒也)と2対1をつくって右サイドを崩そうかと考えていたんですが。フリーでゴール前に入っていく仁くんに呼ばれて。クロスはあとボール一個分高かったら、なおよかったですかね。ただ、周りにほかの味方がいなかったので、高すぎてもまずいだろうと。あれは仁くんの決意というか、意志の強さによって生まれたゴールだと思います」

――次はホームにモンテディオ山形を迎えます。
「京都で一緒にやっていた、中村充孝くんが気になりますね。すごくいい選手。パスやドリブルの技術があって、意外なタイミングでシュートを打ってくる」

――山形のセットプレーも脅威なのでは?
「守備では相手より早く準備すること。自分のマークに責任を持つことが大切。石丸清隆監督のつくるチームは守備からしっかりやってくるので、そのつもりで戦いたいです」

(残り 2364文字/全文: 3091文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック