【サッカー人気2位】サポ目線で考える村井チェアマンの8年間…

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【直前インフォメーション】J2‐14[A] ギラヴァンツ北九州戦のポイント(20.8.23)

ぐんぐん成長を続ける藤田譲瑠チマ。目指す到達点は、はるか先にある。

ぐんぐん成長を続ける藤田譲瑠チマ。目指す到達点は、はるか先にある。

J2第14節、5位の東京ヴェルディ(勝点20/5勝5分3敗 得失点+5)は、2位のギラヴァンツ北九州(勝点28/9勝1分3敗 得失点+13)と、19時からミクニワールドスタジアム北九州で対戦する。相手は7連勝と絶好調だが、こちらも3連勝と勢いでは負けていない。

■指揮官の描く藤田譲瑠チマの将来像

近頃の藤田譲瑠チマの充実ぶりはどうだ。

もともと定評のあったコーチング、ボール奪取に加え、攻撃のスイッチを入れる縦パス、崩しの発端となる仕事まで買って出て、完全に中盤の要になっている。

これまで永井秀樹監督は何かと厳しく接してきたが、そろそろマルのひとつでもあげていいのではなかろうか。

「マルはマルなんですけどね」

永井監督は笑いながら言う。

(残り 1258文字/全文: 1672文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ