【サッカー人気4位】【J1騒乱】FC東京から見る横浜F・マ…

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【無料記事】【トピックス】『夏の人事往来』8月29日(土) J2第15節 京都サンガF.C.戦 18:00 味の素スタジアム(20.8.27)

佐古真礼は193センチ85キロの大型センターバック。年代別代表の常連で、その左足から矢のようなロングフィードを繰り出す。

佐古真礼は193センチ85キロの大型センターバック。年代別代表の常連で、その左足から矢のようなロングフィードを放つ。

■強化部主導の新人獲得

23日、東京ヴェルディはDF佐古真礼(東京Vユース3年)が来季からトップチームに昇格すると発表。すでにGKカウンゼン・マラ(東京Vユース3年)とともにトップに2種登録されている。写真は、2019年の沖縄キャンプに参加した当時の佐古だ。こちらの記事もご参考まで。

24日にはMF中野雅臣がJ3のいわてグルージャ盛岡に期限付き移籍し、また、FW佐藤凌我とMF持井響太(ともに明治大4年)の加入内定を明らかにした。

通常、外部の新卒選手の獲得は、練習参加を経て可否が下されることになるが、今年は新型コロナウイルスの感染予防が第一のため、そのプロセスを踏むのが難しかった。

永井秀樹監督は言う。

「同じく加入が内定している深澤(大輝/中央大4年)ですら練習に呼べない状況。明大のふたりに関しては、信頼する江尻(篤彦)強化部長、堀(孝史)スカウト部長が、チームにプラスになると判断した選手ですから間違いないでしょう。期待しています」

8月の5連戦を走り抜き、ひと息ついたと思ったらすぐに次の連戦が始まる。

29日のJ2第15節、東京ヴェルディ(8位)は京都サンガF.C.(7位)と味の素スタジアムに迎える(18:00キックオフ)。ここから新たな5連戦の始まりだ。

「基本的には、一戦一戦に全力でチャレンジ。ただし、選手の消耗度、疲労の蓄積によって、プランニングを少し考えていく必要がありますね。従来の方針どおり、ボールを持ち、ゲームを支配する時間を長くすることで、負担を軽減したいとより強く感じます」(永井監督)

なお、2020シーズンのJリーグの移籍ウインドー、第2登録期間は明日28日まで。特例として新設された第3登録期間は、10月2日~10月30日と定められている。

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック