【サッカー人気4位】【コラム】氣田亮真の仙台移籍とその影響

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【マッチレポート】J2-35[H] レノファ山口FC戦『あの一瞬に結実した』(20.11.23)

2020年11月22日(日)
J2第35節 東京ヴェルディ vs レノファ山口FC
14:03キックオフ 味の素スタジアム
[入場者数]3,078人 [天候]晴、中風、気温19.4℃、湿度54%

東京V 2‐1 山口
前半:1‐0
後半:1‐1
[得点]
1‐0 端戸仁(19分)A井上潮音3
1‐1 高井和馬(53分)PK
2‐1 端戸仁(83分)A森田晃樹1
※A=アシスト、及び今季の通算数。東京Vのみカウント。

●東京Vスターティングメンバー
GK31 マテウス
DF2   若狭大志
DF6   高橋祥平
DF5   平智広
DF24 奈良輪雄太(65分 福村)
MF9   佐藤優平(65分 山本)
MF36 藤田譲瑠チマ
MF11 井出遥也(77分 森田)
MF20 井上潮音(77分 松橋)
FW19 小池純輝
FW25 端戸仁(88分 クレビーニョ)
(ベンチメンバー:GK1柴崎貴広。DF17クレビーニョ、16福村貴幸、3近藤直也。MF14森田晃樹、21山本理仁、33松橋優安)

監督 永井秀樹

試合データなど(東京ヴェルディ オフィシャルサイト)

■端戸仁が2得点の活躍

右サイドの若狭大志がボールを持ったとき、逆サイドで手を挙げて呼び込もうとしている選手がいた。背中の14番。森田晃樹だ。

若狭が右足を振る。クロスはゆるやかな弧を描きながらボックスを横断。明らかに、長い。

ああ、と息が漏れた。そのままファーサイドに流れるか、せいぜい誰かに当たりゴールラインを割っておしまいだ。

そこへ入ってきたのが森田。懸命に飛びつき、左足で中に折り返す。それもふわっとしたやわらかいボールを。

おそらく、もう1回やれと言われてもできないキックに違いない。勝点3を手繰りよせるスーパープレーが、ここ一番の勝負どころで出た。

(残り 2144文字/全文: 2850文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック