【サッカー人気5位】男女チーム連携で着々と準備が進む サン…

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【直前インフォメーション】J2‐37[A] FC琉球戦のポイント(20.11.29)

端戸仁は22試合6得点をマーク。前線で見せる踏ん張りには頭が下がる。

端戸仁は22試合6得点をマーク。前線で見せる踏ん張りには頭が下がる。

J2第37節、8位の東京ヴェルディ(勝点52/13勝13分10敗 得失点+8)は、19位のFC琉球(勝点40/11勝7分18敗 得失点-12)と、13時からタピック県総ひやごんスタジアムで対戦する。

■前提が崩されたとき、東京Vは脆さを露呈する

前回の対戦、J2第10節のFC琉球戦は今季屈指の苦味とともに記憶されている。

ポルトガルリーグ1部のジル・ヴィセンテFCへの期限付き移籍が決まった藤本寛也のラストマッチだった。

当時、琉球は21位。前半、何度も相手のゴールに迫りながら、あとひと押しを欠いた。時間の経過にともない、ゲーム序盤に見られた優位性を少しずつ削り取られ。次第に押し負けていく。後半、李栄直のリアルタイムのレクチャーを聞きながら、攻め込まれていったのはショッキングだった。

そして、高橋祥平の与えたPK。琉球の攻撃を牽引する阿部拓馬のゴール。直接的な敗因としてクローズアップされたことより、そこに至る過程のほうが問題としては大きかった。

(残り 975文字/全文: 1497文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック