【サッカー人気5位】男女チーム連携で着々と準備が進む サン…

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【トピックス】検証ルポ『2020シーズン 緑の轍』冬 ―― あれから10年(20.12.31)

冬 ―― あれから10年

■攻撃の出口をいかにつくるか

12月16日、J2第41節松本山雅FC戦は、1‐1のドローに終わった。気温マイナス3.3℃、粉雪の舞う厳寒のゲーム。前半、山下諒也のゴールで先制したものの、後半に入って松本の反撃を受け、カウンターから塚川孝輝にネットを揺らされた。

シャトルバスの運休により、往復9000円のタクシー代が痛かったなあとホテルに戻った僕は、芯から冷えた身体をサウナで温め、ようやく人心地がつく。

部屋に戻ると、タイミングよく携帯が鳴った。画面に表示されたのは、柴田峡。

(残り 3454文字/全文: 3700文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック