現役GMが教えるJクラブ経営のリアルな見方(J論)

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【直前インフォメーション】J2‐6[H] 水戸ホーリーホック戦のポイント(21.4.4)

今後、チームが浮上していくためには馬場晴也の成長が欠かせない。

今後、チームが浮上していくためには馬場晴也の成長が欠かせない。

J2第6節、20位の東京ヴェルディ(勝点4/1勝1分3敗 得失点-8)は、6位の水戸ホーリーホック(勝点9/3勝0分2敗 得失点+5)と、15時から味の素スタジアムで対戦する。連敗を止め、好転させる足がかりをつかみたい。

■負けたくないという気持ちだけ

前節のアルビレックス新潟戦、ゴール前に飛び出してきた高木善朗に馬場晴也が対応する。高木の左足のシュートに合わせ、馬場はスライディングで防ぎにいったが、ボールは脚に当たって無情にもゴールに転がった。

「自分が出遅れたことで失点し、そこからプランが崩れてしまった。すべらない選択肢もあったと思います。シュートの角度が狭く、後ろにマテウスもいたので、もっと身体を寄せて自由に蹴らせないようにできれば」(馬場)

ほんの少し位置取りが違えば、あと一歩早く地面を蹴られれば、それも可能だったかもしれない。コンマ数秒のシビアな世界だ。

が、あのタイミングで身体を投げ出せなければ、センターバックとしての資質に疑問符が付く。最後の場面だけを切り取るなら、やむを得ないプレーだ。読者はどうご覧になっただろうか。

(残り 1072文字/全文: 1637文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ