【サッカー人気2位】Jリーグを追い続けてきたジャーナリスト…

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【無料記事】【トピックス】山下諒也「ジュビロへの思いより、いまはヴェルディのためにすべての力を」 5月23日(日) J2第15節 ジュビロ磐田戦 15:00 味の素スタジアム(21.5.21)

昨季、ジュビロ磐田とはホーム、アウェーともにドロー。山下諒也は古巣相手に初勝利を挙げられるか。

昨季、ジュビロ磐田とはホーム、アウェーともにドロー。山下諒也は古巣相手に初勝利を挙げられるか。

■立ちはだかる上位の壁

23日のJ2第15節、東京ヴェルディ(14位)はジュビロ磐田(4位)と味の素スタジアムで対戦する。山下諒也にとって磐田はアカデミー時代を過ごした愛着のあるチームだ。

「去年、対戦したときは多少特別な気持ちが湧きましたね。小学3年からユースまで過ごしたクラブですので、ジュビロに対する思いは強くあります。けれども、いまの自分はヴェルディの選手。相手を意識することより、チームが勝つためにすべての力を注ぎたい」

森下龍矢(名古屋グランパス)、大西遼太郎(FC岐阜)ら磐田U-18の同期は離れ離れになっても刺激を受ける存在だ。「森下はJ1で結果を出して、活躍している。自分もさらにレベルを上げていかなければ」と山下は言葉に力を込めた。

前節のギラヴァンツ北九州戦(2‐0○)で、山下は今季4点目をマーク。「(小池)純輝くんと目が合った瞬間、パスがくると確信」して走り、右足をきれいに合わせてゴールを決めた。昨季、ルーキーイヤーの8得点を射程圏内に捉えるのは時間の問題だろう。

「チームとしてやりたいプレーが体現でき、個人としてもゴールという結果を残せてよかったです。次のジュビロはルキアン選手など個人の能力が高く、中盤にはボールを持てる選手がいるチーム。クロスからの得点が多い印象ですね。サイドの攻防では相手に自由にやらせないように。自分たちがボールを保持し、向こうが攻撃をする時間をできるだけ短くしたいです」

今季の東京Vは順位が上のチームとの対戦で勝利を収めたのは、第6節の水戸ホーリーホック戦(2‐1○)のみ。上位の壁にはね返されるゲームが続いている。遠藤保仁をはじめ豊富なタレントを擁する磐田を相手に、殻を打ち破るゲームを期待したい。

 

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ