【サッカー人気3位】遠慮しない、躊躇しない、次に備える、分…

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【トピックス】シーズン前半振り返り&『SBGヒーロー2021』中間報告・後編(21.7.27)

時節側、Zoomにて開催。左上から時計回りに、岸上、海江田、田中となっております。

左上から時計回りに、岸上、海江田、田中。

SBGラジオでおなじみの岸上敏宏(超ワールドサッカー)、田中直希(エルゴラッソ 東京V担当)とともにお送りしている、シーズン前半の振り返りと毎年恒例の『SBGヒーロー』中間報告。今回は後編です。

前編中編はこちら。

■シーズン後半戦の展望

海江田「さて、最後にシーズン後半に向けての展望を。それぞれ話しそびれたことがあるでしょうし。ホットニュースは、20日に発表された杉本竜士の5年ぶりの復帰。横浜FCから完全移籍での獲得です。以前、田中さんが担当した時期とかぶってる?」

田中「かぶってますよ。ガンガンいこうぜ、杉本竜士。この前、永井(秀樹)監督が誰かと熱心に話し込み、オンライン囲み取材が見送りになったのはこの件かも」

海江田「含まれるかもしれないです。最近のプレーは見てないけど、本来、左サイドからの鋭いカットインが武器。後ろのポジションで使う考えはないよね」

岸上「さすがにないんじゃないですか」

海江田「昨年のプレシーズンの時期、永井監督が河野広貴(南葛SC)を左サイドアタッカーで起用し、『本当は秘密兵器として、シーズンが始まるまで隠しておきたかった』と話していたのが頭をかすめる」

田中「僕は(ジャイルトン・)パライバの状態が少し心配です。仮に彼の完調を見込めるとしたら、はたして杉本選手という選択肢はあったのかどうか」

(残り 2881文字/全文: 3529文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ