【サッカー人気4位】【山雅探報】J3降格。反町時代からの”…

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【直前インフォメーション】J2‐34[A] ギラヴァンツ北九州戦のポイント(21.10.16)

山下諒也は日々のたゆまぬ努力で目覚ましい成長を遂げている。

山下諒也は日々のたゆまぬ努力で目覚ましい成長を遂げている。

J2第34節、11位の東京ヴェルディ(勝点43/12勝7分14敗 得失点-8)は、20位のギラヴァンツ北九州(勝点30/6勝12分15敗 得失点-21)と、14時からミクニワールドスタジアム北九州で対戦する。

■それぞれの居残り練習

山下諒也が右足を振り抜き、シュートはファーサイドの下に突き刺さった。次は切り返して左足に持ち替え、ニアを撃ち抜くシュート。左足のキックの威力、隅にコントロールする精度に僕は驚かされた。

代わりばんこにシュートを打つ佐藤凌我は、左45度からファーサイドの上隅を徹底して狙っていた。ややカーブをかけながらスピードのあるシュートを打つが、なかなか思いどおりにはいかない。

いつの間にか雨は上がっていた。居残り練習は各々の捉える目下のテーマがはっきりと見えて面白い。

(残り 1317文字/全文: 1754文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ