【サッカー人気3位】【J激論】天皇杯で”惨敗”相次ぐ。風雲…

「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【直前インフォメーション】J2‐5[H] FC町田ゼルビア戦のポイント(22.3.20)

深澤大輝をもってしても抑えられなかったらあきらめがつく。

深澤大輝をもってしても抑えられなかったらしゃあない。

J2第5節、3位タイの東京ヴェルディ(勝点8/2勝2分0敗 得失点+4)は、2位のFC町田ゼルビア(勝点10/3勝1分0敗 得失点+4)と14時から味の素スタジアムで対戦する。東京クラシックの名にふさわしい上位対決となった。

■FC町田ゼルビアの強力な両サイド

前節、ファジアーノ岡山を3‐1で破ったFC町田ゼルビアのサイドアタックは圧巻だった。

中盤の右は、来季の町田加入が内定している特別指定選手の平河悠(山梨学院大)。左は、日体大でンドカ・ボニフェイスと同期だった太田修介。両者とも卓越したスピードを武器とするアタッカーで、岡山戦は太田が2得点、平河が1得点を挙げ、チームを勝利に導いた。

平河・太田の組み合わせは前節のみで、右に平戸太貴、左に山口一真の可能性もある。誰が出てきても、サイドを有効に使う縦に速い攻撃が主軸となることに変わりはない。

さて、迎え撃つ東京Vは相手のストロングポイントをどう封じるのか。今回の東京クラシック、最大の見どころがここだ。

(残り 1128文字/全文: 1647文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ