「スタンド・バイ・グリーン」海江田哲朗

【マッチレポート】J2-22[H] レノファ山口FC戦『霧が晴れ、視界が開けた』(22.6.19)

2022年6月18日(土)
J2第22節 東京ヴェルディ vs レノファ山口FC
18:03キックオフ 味の素スタジアム
[入場者数]2,719人 [天候]曇のち雨、弱風、気温22.9℃、湿度84%

東京V 3‐0 山口
前半:1‐0
後半:2‐0
[得点]
1‐0 佐藤凌我(25分)PK
2‐0 小池純輝(80分)A加藤弘堅2
3‐0 佐藤凌我(86分)A深澤大輝1
※A=アシスト、及び今季の通算数。東京Vのみカウント。

●東京Vスターティングメンバー
GK1   マテウス
DF2   深澤大輝
DF3   ンドカ・ボニフェイス
DF23 谷口栄斗
DF24 奈良輪雄太
MF4   梶川諒太
MF17 加藤弘堅(83分 宮本)
MF8   井出遥也(64分 河村)
FW18 バスケス・バイロン(55分 新井)
FW27 佐藤凌我(83分 森田)
FW9   杉本竜士(64分 小池)
(ベンチメンバー:GK21長沢祐弥。DF5平智広、32宮本優。MF7森田晃樹、10新井瑞希、19小池純輝。FW29河村慶人)

監督 城福浩

試合データなど(東京ヴェルディ オフィシャルサイト)

■卓越したリカバリーパワー

ンドカ・ボニフェイスが大きく縦に蹴ったボール、相手ふたりの間に割り込んだ佐藤凌我が身体をぶつけ、前に入る。ヘナンが佐藤凌のシャツを引っ張って倒し、松本大主審はこの行為を見逃さなかった。

ヘナンは得点機会阻止の反則によりレッドカード。東京ヴェルディにペナルティキックが与えられた。25分、キッカーを務める佐藤凌はゴール左隅を射貫き、東京Vに先制点をもたらした。

つくづく、佐藤凌はこういったアバウトなパス、バウンドするボールの競り合いが上手だ。大学時代、対戦を重ねた同期の深澤大輝は「凌我はほかのフォワードと身体の当て方が違った。タイミングが巧いんですよ。ふっと力を抜いた瞬間にガツンときて体勢を崩される」と証言し、なんとなくわかったような気にはなるが、いまもって謎が多い。

東京Vのテクニカルエリア、両手の拳を握り、控えめなガッツポーズを見せたのは城福浩監督。13日に監督就任が発表され、チームの指導は15日から。わずか3日間の準備期間で最初のゲームに臨んでいた。

(残り 2853文字/全文: 3735文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ