『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催

宇都宮徹壱ウェブマガジン

【無料記事】どなたでも参加できます! 宇都宮徹壱WM創刊1周年記念イベント開催のお知らせ

昨年7月1日に創刊した宇都宮徹壱WMが、来月に無事に1周年を迎えることとなりました。そこで日頃のご愛読に感謝するべく、都内にてイベントの開催が決定!
当日いらした会員の皆さんには、以下の特典をご用意しております。

【会員特典】
・直筆サイン付きポストカードプレゼント
・宇都宮徹壱とのチェキ撮影
・7月発売予定の宇都宮の新著『J2 & J3フットボール漫遊記』を直筆サイン付きで優先販売

※今回のイベントは非会員の方ももちろんご参加いただけます。
とはいえ、このような特典のご用意もございますので、この機会に入会をご検討いただければ幸いです(ご入会はこちらから)!
なお、会員様には当日までに「宇都宮徹壱WM会員の証」を編集部から配信いたしますので、ご確認の上、当日はそちらのご用意をお願いいたします。

▼イベントタイトル:

宇都宮徹壱WM創刊1周年記念イベント

第1部:コンフェデ杯レポート! ホスト国・ロシアの今を深掘りする

第2部:日本のスポーツを変える! いわきFCが目指すものとは?

▼イベント概要:

2016年7月1日にスタートした『宇都宮徹壱WM』もおかげさまで1周年!!

そこでこのたび感謝を込めて、立川から高円寺に移転したばかりのKITEN!にて1周年記念イベントを開催します。

イベントは2部構成。

第1部は、コンフェデ杯取材から帰国した宇都宮が、現地で撮影した写真を大公開。

来年のワールドカップホスト国について、ロシア事情に精通しているゲストの服部倫卓氏とともに、どこよりも早く現地の情報を語ります。

第2部は、アンダーカテゴリー界隈で何かと話題のいわきFCにフォーカス!

いわきFC代表取締役社長の大倉智氏をお招きし、ただ「Jリーグを目指す」だけではない、このクラブが目指す壮大なビジョンについて語っていただきます。

なおイベント終了後は、同会場にて1時間飲み放題の二次会も予定しております。

ゲストの皆さんと共に語らいながら、宇都宮徹壱WM1周年を祝いましょう!

▼日時:

7月6日(木) OPEN18:30/START19:30/END21:30予定、その後二次会

▼料金:

イベント 前売¥2500 当日¥2800(ともに2ドリンク付き)

二次会  前売¥1500 当日¥1800 (ともに1時間飲み放題)

通し券  前売¥3500 当日¥3800

▼チケット

PassMarketにて、ただいま好評発売中! こちらからお買い求めいただけます!

▼出演:

大倉智、服部倫卓、宇都宮徹壱

▼出演者プロフィール:

◯大倉智(おおくら・さとし)

1969年5月22日生まれ、神奈川県出身。

1992年 早稲田大学卒業

選手時代は柏レイソル(日立製作所も含む)、ジュビロ磐田、ブランメル仙台、

ジャクソンビル・サイクロンズ(USA)でプレー98年に現役引退。

2000年からバルセロナに渡りヨハン・クライフ国際大学にてスポーツマネジメントを学ぶ。

02年にセレッソ大阪のチーム統括ディレクターに就任。

04年湘南ベルマーレで強化部長、13年GM、14年取締役社長、15年代表取締役社長に就任。

15年2月より、いわきFCの運営会社、株式会社いわきスポーツクラブの代表取締役に就任。

今季はいわきFCの総監督も兼任する。

◯服部倫卓(はっとり・みちたか)

1964年静岡市生まれ。在ベラルーシ日本大使館専門調査員などを経て、

現在、一般社団法人ロシアNIS貿易会・ロシアNIS経済研究所の調査部長。

『ロシアNIS調査月報』編集長。清水エスパルスのサポーター。

主な著作に、『不思議の国ベラルーシ ―ナショナリズムから遠く離れて』(岩波書店)、

『ウクライナ・ベラルーシ・モルドバ経済図説』(東洋書店)などがある。

◯宇都宮徹壱(うつのみや・てついち)

1966年生まれ。東京出身。東京藝術大学大学院美術研究科修了後、

TV制作会社勤務を経て、97年にベオグラードで「写真家宣言」。

以後、国内外で「文化としてのフットボール」をカメラで切り取る活動を展開中。

著書に『ディナモ・フットボール』(みすず書房)、『股旅フットボール』(東邦出版)、『松本山雅劇場 松田直樹がいたシーズン』(カンゼン)など。

『フットボールの犬 欧羅巴1999~2009』(東邦出版)は第20回ミズノスポーツライター賞最優秀賞、『サッカーおくのほそ道 Jリーグを目指すクラブ、目指さないクラブ』(カンゼン)でサッカー本大賞2017を受賞。

有料ウェブマガジン『宇都宮徹壱WM』を16年7月1日から開始。

<この稿、了>

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ