宇都宮徹壱ウェブマガジン

福井での全社と締め切りの嵐とスカサカ出演  徹壱の日記2017 10月16日(月)~22日(日)


10月16日(月)雨時々くもり@福井

 7時30分起床。今日から新しい一週間。全社は3日目だが、今日にも全社枠が決まる。朝食はなんとエビフライ。豪勢すぎて、少し胃がもたれそうだ。窓の外は雨だが、風はそれほどでもなさそうなので助かる。

 今日の会場は三国運動公園。宿から近いので、タクシーで移動する。途中、コンビニに寄ってもらい、10時30分に現場に到着。全社連の偉い人が来ていたので、軽く雑談する。今日はいわゆる「月曜日の全社」。仕事でチームを離れる選手もいれば、仲間たちにあとを託してゴール裏から離脱を余儀なくされるサポーターもいる。日曜日の熱気から一転、静かな空気の中で試合が行われた。

 第1試合は鈴鹿アンリミテッドFC対アミティエSC京都の「権利持ち」対決。両方ともグリーンを基調とした縦縞で、撮影していてわかりにくいことこの上ない。なぜ、このマッチングが実現したのか、大いに不可解である。前日、いわきFCを下したアミティエは、この日はほとんどいいところを見せられず、0-2で敗戦。鈴鹿が前回大会に続いて準決勝に進んだ。

 昼食時、コンビニのおにぎりを食べながらTwitterを見ていると、「全社枠がなくなる」とのうわさが飛び交っていたので、全社連の偉い人に確認。いろいろ興味深い話を訊くことが出来た。今度のWMのコラムで書かせていただくことにしよう。第2試合は、FC TIAMO枚方対JAPANサッカーカレッジの「全社懸け」対決。枚方は初見のチームだったが、ガンバ大阪出身の選手もいて、非常に技術が高い印象を受けた。試合は2-0で枚方が勝利、うれしい地域CL初出場を決めた。

 気になるのが裏の試合。丸岡スポーツランドで行われていたアルテリーヴォ和歌山対VONDS市原FCの試合は、VONDSが2点リードしたもののアルテリーヴォも2点を返して追いつく好ゲーム。しかしすぐさまVONDSが突き放して、3-2で勝利した。この結果、アルテリーヴォは地域CL出場権を逃し、代わって補充枠のFC刈谷が繰り上がることとなった。これで出場12チームすべてが確定。

 15時30分に撤収して、呼んであったタクシーに乗り込み宿に帰還。濡れた雨具を干してから、ひたすら執筆に勤しむ。18時に入浴して、18時半に夕食。今日のメニューは、なぜかカレーと唐揚げだった。少し休んでから、再び執筆。フットボール批評の原稿は、ようやくゴールが見えてきた。福井での取材も、明日が最後。午前2時就寝。

森山監督、イングランドとの一戦に「市場価値で言えば200億円対10億円くらい」/U-17W杯

FIFAランキング 韓国は62位に後退=初めて中国より下位に

(残り 6040文字/全文: 7139文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ