『J番記者による大忘年会2017』~タグ祭り!~12/18渋谷で開催〈〆切間近〉

宇都宮徹壱ウェブマガジン

関東支部イベント、サランスクショック、そして名古屋のJ1復帰 11月27日(月)~12月3日(日)

11月27日(月)晴れ@名古屋~東京

 8時起床。ホテルの湯船につかって朝食を摂ってから、明け方まで書いたプレーオフ準決勝の原稿をブラッシュアップする。今日も無事に10時に入稿。11時まで先週の日記を整理してからホテルをチェックアウトする。ここのホテル、朝食はイマイチだったが、それ以外はかなりコストパフォーマンスが良かったので、来週も利用することにしよう。

 名古屋駅に移動して、帰りの切符とお土産を購入し、昼食に味噌カツを食べてから12時22分ののぞみに乗車。車中でWMの日記を入稿してからF企画の続きを執筆。不本意ながら連載が滞っていたので、ここから何とか巻き返していきたい。14時ごろに東京駅に到着。直接帰宅せず、新宿のニコンサービスセンターにカメラを点検に出す。最近、ずっと酷使してきたから、ちょっとはいたわっておかないとね。展示されていた最新のカメラボディとレンズを操作して、値段にため息をついてから帰路につく。

 16時に帰宅。明日、スポナビ編集部で「失敗しないインタビュー取材の撮影術」についてレクチャーをするためのレジュメを作る。フリーになりたての頃、某デパートのカルチャースクールで写真を教えていた頃のことをふと思い出した。もう20年前の話だ。20時までにレジュメをまとめて、そこからWMのコラムを執筆。Twitterを見ていたら、地域CLの開催規定の変更が発表されていた。内容は事前に聞いていたとおり。この件については、いずれきちんとした形でコラムにすることにしたい。

 カミさん23時に帰宅。今日も遅くまでご苦労様。カミさんが作り置きしていた、サンマのつみれ汁をいただく。つみれも、味付けの一味唐辛子も、いずれも女川産。現地にボランティアに行ったカミさんと、コバルトーレについてあれこれ語り合う。午前0時30分就寝。

カタールW杯に向け超革新的なスタジアム構想。「分解して移動・再構成可能」

元日本代表・加地亮はなぜ引退を決断したのか? 伝説となった自己管理で理想を求めた20年

(残り 5909文字/全文: 6749文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ