サッカーライター大忘年会 12/20(木)渋谷で開催

宇都宮徹壱ウェブマガジン

【無料公開】「報道されない」開催国ブラジルの現在(再) 大野美夏(サッカージャーナリスト)インタビュー<2/2>

<1/2>はこちら

国民に恩恵をもたらさないワールドカップ

――さて、ホスト国ブラジルの準備に関して、先ほどスタジアムについてお聞きしましたが、その他のインフラについてはいかがでしょうか?

大野 うーん、そもそもホスト国としての自覚があんまりないような気がする(笑)。迎え入れる準備ができていない。空港の整備もそうだし、ホテルにしてもベロオリゾンテあたりまでいくとかなり怪しいでしょ? 新幹線を作るなんて話も、いつの間にか忘れ去られているし。

――そんな話、あったんですか?

大野 ありましたよ! 日本だって入札に何回も来ていましたよ。総理を辞めたばかりの小泉(純一郎)さんがブラジルまで来て営業活動していたし。でも、毎回入札がずれるんです。5年とか6年ぐらい。今もやっているんですけど、まだ終わってない(笑)。

――いかにもブラジルらしい話ですね。空港もいろいろ問題ありですか?

大野 いつの話か知りませんが、サンパウロの空港が新しい滑走路を作ることになっていて、広い土地があったんですけど、ぼやぼやしていたら不法侵入の住人がいっぱい家を勝手に作っちゃって、もう広げられなくなっちゃったっていう(笑)。

 こっちでは、いったん人が住むと住居権が発生して追い出せなくなるんです。だからもう広げられない。そういう話がサンパウロだけでなく、あちこちにあるんです。こっちの空港は、いちおう新ターミナルを建設中なんですけど、やっぱりギリギリですね。

――これだけ切羽詰まった状況なのに、なかなかインフラ整備が進まないのって、もちろん国民性もあるのかもしれませんが、そもそも今回のワールドカップ開催が競争なしで決まったというのも、背景としてあるじゃないですかね。つまり国民的な宿願でもって、開催が決まったわけではないという。

大野 ほんと、気がついたら決まっていた、みたいな感じでしたよね(笑)。だから普通のブラジル人にとって、ワールドカップって「あまり関係ない」っていうのが正直なところ。サンパウロ市民だったら、交通渋滞はひどくなるばかりで、それでも(開催によって)都市高速ができるわけでもなく、地下鉄が拡張されるわけでもない。一般的な市民にとって、なんにも恩恵がないんですよね。

――ワールドカップの2年後(16年)にはリオで夏季五輪が開催されますが、そっちについてはどうでしょう?

大野 サンパウロはあまり関係ないので、やっぱり知らないうちに決まっていたって感じですよ(笑)。むしろ物価が高くなって、また税金が上がるんじゃないかって不安のほうが大きい。この国って、ものすごく税金が高いんです。収入の4割を税金で持っていかれる。水(ミネラルウォーター)を飲んでも4割は税金なんです。

――4割は確かに高いですね。その分、公共サービスが充実しているんでしょうか?

大野 それがそうじゃないんですよ(苦笑)。普通だったら、4割引かれることによって、福祉、医療、教育、安全、そういうのにリターンされるじゃないですか。でもこの国では、残りの6割から、さらに自分で支払わないといけないわけですよ。つまり二重取りされているわけですよね。そりゃ、怒ってデモをしたくもなりますよ。

――確かに(苦笑)。

大野 物価だって、ものすごく高いですよ。日本で大衆車と言われる車が、ここじゃ高級車ですからね。100万円ぐらいのものが、こっちに来ると税金が高いので300万円くらいになる。ちょうど昨日、雑誌で読んだんですが、プレイステーションっていうゲームも、こっちだと4倍くらいするんですって。だからみんな、アメリカまでわざわざ買いに行くそうですよ。

――アメリカのほうが安いんですか?

大野 間違いなく安い! 私も今年の夏にロスに行ったけれど、本当に何もかもが安くって(笑)。ブラジル人は今、海外に行きまくりですよ。赤ちゃんが生まれるとなったら、大きなお腹をしたお母さんたちが、わざわざ赤ちゃん用品を一揃え買いに行くんです。それくらいブラジルよりも安いから。

――物価高に関しては、現地で取材する立場としては、非常に気になるところですね。

次のページ

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

タグマ!サッカーパックのご案内
全35メディアが読み放題