宇都宮徹壱ウェブマガジン

旅の始まり、スイス戦、そしてゼーフェルトへ 6月4日(月)~6月10日(日)

6月4日(月)晴れ@東京〜成田〜インド上空

 6時20分起床。新しい1週間。そして、今日から長い旅の始まりである。朝食後、出勤するカミさんにしばしの別れを告げて送り出す。そこから荷造りの最終チェックをしてから、先週の日記をまとめて入稿。さらに村上アシシさんのインタビュー原稿を本人チェックに回す。これで出発前の仕事はひととおり終了した。昼前に実家の母に電話。元気そうな声で何よりである。

 12時30分に出発。重たいキャリーケースを引きずって、最寄り駅から新宿へ。そこから13時40分発の成田エクスプレスに乗車する。移動中、弁当で昼食を摂って15時前に成田空港に到着。さっさとチェックインを済ませてから、空港内で少し仕事をする。出発前に軽くそばを食べてからボーディング。エティハド航空のアブダビ行きは、定刻どおり17時55分に離陸した。

 それにしても、仕事の積み残しがない状態で海外に出るのは、いつ以来だろう。ゆっくり読書をしながら、来週の原稿に着手できる優越感。機内も乗客が少ないので、3席分をひとりで独占することができた。思いの外、幸先のよいスタート。機内食を赤ワインとともにいただき、インド上空あたりで寝落ち。

ロジスティックス革命と1940年体制の終わり

少子高齢化でも「老後不安ゼロ」シンガポールで見た日本の未来理想図

大学サッカーの名将は日大アメフト部の悪質タックル問題をどう見たか

(残り 6834文字/全文: 7423文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ