『サッカーパック』37メディアが1550円で読み放題

宇都宮徹壱ウェブマガジン

【無料公開】宇都宮徹壱WMプレゼンツ 日本人唯一のFIFA.comエディターと振り返る 「FIFAはロシアでの日本をどう見たか?」※特別ゲスト決定!

 

 毎回、サッカー界のニッチなテーマを深掘りする、宇都宮徹壱WMイベント。今年は2月にマスコット、4月に横浜フリューゲルスをテーマに、そして6月には栃木SCに移籍したばかりのえとみほさんをゲストにお招きして、いずれも大盛況のうちに終えることとなりました。

 ワールドカップが終わって最初のイベントは、FIFA.comで唯一の日本人エディター&ライターである鈴木英寿さんをお招きして、WMならではの視点で「ワールドカップ総括」を行います。題して「FIFAはロシアでの日本をどう見たか?」。今大会における日本について、オン・ザ・ピッチ(日本代表の戦い)とオフ・ザ・ピッチ(日本サポーターの振る舞い)、ふたつの視点での考察を試みます。

 第1部は「FIFA.comは日本代表をどう伝えたのか?」。コロンビア戦での勝利、ポーランド戦での「時間稼ぎ」、そしてベルギー戦での大健闘と劇的な逆転負け。それらをFIFAはどのように評価し、伝えていたのかを検証します。

 第2部は「FIFA.comは日本サポーターをどう見ていたのか?」。今大会における日本サポーターは「試合後のスタジアムを清掃した」ことが話題になる一方で、コアサポーターが固まって応援するための「指定席のファン追い出し」も明らかになりました。こうした二面性をFIFAはどう認識していたのか、この機会に明らかにしたいと思います。

鈴木英寿(すずき・ひでとし)プロフィール

1975年生まれ。宮城県仙台市出身。仙台一高、東京理科大卒。

音楽雑誌編集者、サッカー専門誌編集記者を経て、2006年より現在まで国際サッカー連盟(FIFA)公式サイト日本語版編集長兼アジア担当編集長を務める。連盟オフィシャルスタッフとしてFIFAワールドカップ、FIFAクラブワールドカップ等の運営に携わり、現在も世界に向けて情報を発信中。

FIFA業務の傍ら、自身のルーツである東北地方のプロスポーツクラブ(ベガルタ仙台、福島ユナイテッドFC、ヴォスクオーレ仙台)の幹部も歴任し、経営及びマネジメントの改革・改善業務や運営法人設立にも主体的に携わってきた。近著に『修造部長 もし松岡修造があなたの上司になったら』がある。

 なお、当日の特別ゲストが決まりましたのでお知らせします!

 第1部は、「変な外国人」に仕立てられたハリルホジッチ 監督解任報道に見るメディアの危機に登場していただき大きな反響があった樋渡類さんが登場。今大会の日本代表の戦いについて、現在どんな想いをお持ちなのか。また27日から始まるヴァイッド・ハリルホジッチ前監督の裁判に関してもお話を伺いたいと思います。

 第2部は、皆さんお馴染みのちょんまげ隊長ツンさん。南相馬の子供たちをロシアに連れていく「ともにロシア」や、現地の人たちにも日本を応援してもらう「ハチマキプロジェクト」を成功させたツンさんに、いちサポーターの立場として議論に加わっていただきます。

▼会場:高円寺・スポーツ居酒屋KITEN!

アクセスはこちら

▼日時:

8/3(金)

OPEN 18:30/START 19:30/END 21:30予定

その後二次会

▼会費:

イベントのみ

テーブル席:前売り2800円/当日3000円

椅子席:前売り2300円/当日2500円

※いずれも1ドリンクは必ずオーダーをお願いします。

※お食事をゆっくりされたい方はテーブル席がお勧めです。

二次会参加費:1500円(1時間飲み放題)

チケットのお求めはPassMarketにて。お席には限りがございます。どうぞお早めにお求めください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック