宇都宮徹壱ウェブマガジン

宇都宮徹壱ウェブマガジン「ただ今準備中!」8月前半戦! (編集部・森衿子)

 異例のコースをとった台風の爪痕が残る週明けとなりました。台風はまだまだ九州に停滞している様子です。みなさまどうぞお気をつけください。

 先週の金曜日には、森保一五輪代表監督のA代表監督就任(兼任)会見が開かれました。それを受けての宇都宮のコラムにもありましたが、田嶋幸三JFA会長の口からは「ジャパンズ・ウェイ」という言葉が繰り返されたようです。

 その耳慣れない言葉に首を傾げていたところ、ドイツでは、エジルが人種差別によるドイツ代表引退を表明したことで、同様の移民のバックグラウンドを持つ人々が、「#MeTwo」というハッシュタグを用い、自身が受けた差別や偏見を共有しているというムーブメントが報じられました。

 これは、女性への性的暴力を告発するハッシュタグの「#MeToo」と、エジルが綴った「ドイツとトルコ、2つのハートがある」という言葉をかけて作られたハッシュタグとのこと。「ジャパンズ・ウェイ」と「2つのハート」。相反するような言葉が切り拓くカタールまでの4年間を、これからも様々な視点で追いかけようと思います。

 さて、8月上旬の予告です。8月第1週は、ワールドカップ総括の最後を飾る企画として、清水英斗さんとの対談をお送りします。ロシア大会全体を俯瞰しつつ、この大会での日本代表をどう評価すべきか。そして次の4年のサイクルに向けて、どんなことに注目すべきかについて語り合っています。

 そして今月は、6月1日のWMイベント『スタートアップが地方クラブを変える!えとみほが考えるJ2改革とは?』の模様を2週にわたってお届けします。8月第2週はその前編として、「えとみほ」こと江藤美帆さんが栃木SCに転職して感じた、「職場としてのJクラブ」あるいは「栃木という地域性」について語っていただきました。

 なお、隔月で開催されるWMイベントが、いよいよ今週3日(金)にKITEN!にて開催されます。今回のテーマは『日本人唯一のFIFA.comエディターと振り返る FIFAはロシアでの日本をどう見たか?」』。メインゲストは鈴木英寿さん、特別ゲストは樋渡類さんとちょんまげ隊長ツンさんです。本日現在、まだお席がございますので、この機会にぜひご参加いただければ幸いです。前売券ご購入はこちらから!

 8月も例年に無い酷暑が続きそうです。夏バテには気をつけて、WM8月前半戦も引き続きお楽しみください!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ