宇都宮徹壱ウェブマガジン

宇都宮徹壱ウェブマガジン「ただ今準備中!」9月後半戦!(編集部・森衿子)

 最近はスタジアムもQRチケットで入場できるようになってきましたが、11月24日のガンバ大阪-V・ファーレン長崎戦では、ホーム側の入場者全員が電子化されたチケットを使用するなどの実証実験が行われるようです。ここ数年、日本でも「スマートスタジアム構想」が取り沙汰されていますが、DAZNが参入して以降も、スタジアム観戦では大きな動きがあるように思えませんでした。

 2019年にはラグビー・ワールドカップ、2020年には東京オリ・パラを控え、もうちょっとスマートスタジアム化が進むと予測していたのですが、今日に及んでも2020年の暑さ対策に打ち水を提唱している国でのスマートスタジアム化は望めないのでしょうか。 訪日外国人観光客の日本に対する不満の第1位は「WiFiの充実度」ということからもわかるように、まだまだ道のりは長そうですね……。

 さて9月の第3週は、『サッカーファミリーへの中間報告 サッカー歴ゼロ専務理事の独白』の著者で元JFA専務理事の岡島正明さんが登場。昨年2月に自費出版された、JFAのガバナンスの危機を指摘したこの本ですが、あらためて読み返すと今年4月のヴァイッド・ハリルホジッチ監督解任の背景と構図が透けて見える内容となっています。著者の岡島さんに、この本を書いた理由と「青い巨塔」の現状について語っていただきました。

第4週は、スリランカやリトアニアでのプレーを経て、昨年に現役を引退した元プロフットボーラーの丸山龍也さんが登場。今年3月にテレ朝の『激レアさんを連れてきた。』に出演して話題になりましたが、現在は起業して何やら面白そうなことを企んでいるようです。スパイクを脱いだ丸山さんの「その後」について語っていただきながら、指導者でも解説者でもないセカンドキャリアの形について考えるきっかけとなれば幸いです。

 最後に、来月10月開催決定、宇都宮徹壱ウェブマガジン主催イベント「徹底討論! 森保一とジャパンズ・ウェイ」のご案内です。ゲストには後藤健生さん、そしてサンフレッチェ広島の番記者で『紫熊倶楽部』編集長の中野和也さんをお迎えします。今回は「日本代表史」と「クラブ」というふたつの視点から、代表監督・森保一の「本質」に迫る王道企画! ただいま、WM会員様のみチケット先行予約受付中です。詳しくはこちらをご覧ください(一般チケット発売は、今しばらくお待ちください)。

 各地が被災地となっている日本列島。まだまだ不自由な生活を送っておられる方も少なくありません。まずはお体に気をつけてお過ごしください。被災地の物産を購入するなど、離れた場所からもアシストできることを息長くやっていきたいですね。それではWM9月後半戦も引き続きお楽しみください!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ