『俺のやることが山雅の伝統になってくれたら嬉しい』田中隼磨がJ1残留に向けて示す覚悟とは(J論)

宇都宮徹壱ウェブマガジン

宇都宮徹壱ウェブマガジン「ただ今準備中!」12月後半戦!(編集部・森衿子)


 オフシーズンとなり、落ち着く間もなく開催されたのが自由契約となった選手を対象としたトライアウト。宇都宮もフクダ電子アリーナへ取材に出かけておりましたが、今年は105名(海外からの3名含む)が参加したとのこと。若手からベテランまで、紅白戦などでのアピール合戦が続きましたが、全員からサッカーに賭ける情熱がみなぎっていました。参加された選手の皆さんに良い移籍先が見つかることを願ってやみません。


 さて今月の後半は2週にわたって、10月17日に開催された宇都宮徹壱WMイベント「徹底討論! 森保一とジャパンズ・ウェイ」の模様をお届け! 現日本代表監督の知られざるキャリアと素顔について、後藤健生さん、中野和也さんと共にとことん語っていきます。まもなく始まるアジアカップに向けて、われらが指揮官への理解を深めていただければと思います。

 ところでWM主催イベントといえば、ついに今週開催! 12月19日(水)に「河内一馬と考える『芸術としてのサッカー論』アルゼンチンから発信することで得られたもの」が開催されます。まだ若干チケットが残っているようですので、2018年最後のWMイベントに忘年会を兼ねてのご参加をお待ちいたしております。二次会のみの参加も大歓迎(こちらの記事公開後にチケット完売の際はご了承ください)!

 そして次回のイベントの予告も少々。今年2月に開催して大盛況だった「マスコットイベント」、来年もやります! 次回はより大きな会場を確保して、豪華ゲストをお招きするなどよりパワーアップで開催予定です。こちらにつきましては今月20日の19時、WM会員の皆様に先行告知させていただきますので要チェックですよ!

 今年も最後のご挨拶となりました。2018年も宇都宮徹壱WMをご愛読いただき、ありがとうございました。今年はタグマ!のサッカーパックも開始され、WMも今まで以上に多くの読者の方に、より幅広く楽しんでいただけるようになったかと思います。サッカーパックを機に「初めて宇都宮徹壱WMを読んだ」という方もおられるかもしれません。これからもどうぞよろしくお願いいたします。読後の感想などは、毎週火曜日更新の『徹壱の日記』コメント欄にどんどん投稿してくださいね! それではWM12月後半戦も引き続きお楽しみください。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック