各クラブ経営情報レポ、久保建英、山形好調の理由がわかる監督会見『大島和人おすすめ3本』(J論)

宇都宮徹壱ウェブマガジン

宇都宮徹壱ウェブマガジン「ただ今準備中!」1月後半戦!(編集部・森衿子)

 2019年に入り、アジアカップに全国高校サッカーにと盛り上がっていたところ、東京五輪招致を巡る贈収賄疑惑でJOCの竹田恒和会長に対し、フランス捜査当局が捜査開始を決定との一報が入りました。数年前からこの問題に関しては国会でも取り上げられていたり、また、かねてからのFIFAでの贈収賄といった汚職事件を見慣れてしまっている身としては、正直なところ、驚きもありませんでした。しかし、こういうことを「然もありなん」と思ってしまうのは本当に良くないことです。総額費用3兆円超ともなりそうな東京五輪。「カネと五輪」の問題は、一体どこまでクリアになるのでしょうか。

 さてWM後半戦の予告です。1月第3週は2019年最初のインタビューとして、Jリーグ理事の米田惠美さんが登場。昨年、34歳の若さで就任した米田理事ですが、実はJリーグの今後の方向性を左右する重要な役割を担っているのをご存じでしょうか? 今回のインタビューはYAHOO!個人ニュースの完全版。彼女の知られざる経歴や、静かに進行しつつあるJリーグでの組織改革にも迫ります。

 第4週は、毎年恒例となったヨコハマ・フットボール映画祭(YFFF)2019のラインナップの紹介。2月16日と17日に開催されるYFFFについて、特に宇都宮が気になった作品を中心に、映画祭の実行委員長である福島成人さんにお話を伺いました。

 なお、17日の13時30分からは、「ディス・イズ・ザ・デイにあるサッカーを愛せよ漫遊記」と題し、作家の津村記久子さん、革命家ロック総統、そして宇都宮によるスペシャルトークイベントも開催されます。是非お出かけくださいね!

 そして木・金が来月にまたがる第5週は、『わが平成史 写真とフットボールを巡って』。今回は平成12年(2000年)と平成14年(02年)を取り上げます。時代は2000年代。「写真家宣言」以降、雌伏の時代を過ごしてきた宇都宮が、いよいよネットメディアの世界に足を踏み入れていきます。

 最後にイベントのご案内です。2月開催『宇都宮徹壱WMプレゼンツ 2019Jリーグマスコットを語り尽くす@Shibuya』ですが、チケットは完売となりました。ありがとうございます。当日券の販売はございません。何卒ご了承願います。

 このイベントではただいま、2018年に撮影された皆さんの「The BEST!」のマスコット画像を募集中です。1次審査を通過した作品を当WMにて発表し、イベント当日には、ゲストの平畠啓史さんが選ぶ「平ちゃん賞」、宇都宮が選ぶ「徹壱賞」、そしてゲスト全員の合議による「大賞」を決定します。それぞれの受賞者の方々には、ささやかな賞品もご用意いたします。参加ご希望の方は、募集要項を満たした上、ぜひ自信作をお送りください。「スマホで撮った写真でも大丈夫?」とのお声もありますが、もちろん大丈夫です! あなたのマスコット愛が詰まった1枚をお送りください。締切は1月20日(日)23:59。詳細はこちらをご覧ください。

 日本代表も無事グループリーグを突破し、宇都宮もまだまだアジアカップの現地取材が続きます。そんな1月後半もWMをどうぞよろしくお願いいたします。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック