ピエトロさんが見ている(海江田哲朗)【J論】

宇都宮徹壱ウェブマガジン

飲み会続き、またしても「エアニスタ」、そして父の五回忌 4月15日(月)~21日(日)

4月15日(月)晴れ@東京

 6時30分起床。新しい1週間のはじまりは、気持ちの良い晴天。Facebookを開いたら、当WMにたびたび登場している村上アシシさんにお子さんが生まれたことを知り、びっくり(参照)。結婚していることさえ知らなかった! 次の目標が「家族で次のワールドカップに行くこと」というのも、この人らしい。心から祝福したい。

 朝食後、カミさんを送り出してから、まずは先週の日記をまとめて入稿。10時からの打ち合わせに合わせて、余裕を見て8時45分に出発する。ところが中央線がまたしても遅延。西八王子で「線路に人が立ち入った」ことに加え、高円寺で「お客様の救護活動」があったとのこと。今月は少なくとも30分以上、余裕を見たほうが良さそうだ。

 10時から丸の内にて最初のミーティング。新連載についての方向性が固まる。訪れたオフィスは最新のセキュリティが施されていて、同席した人に言わせると「原発並み」。それでもオフィスの雰囲気は実に華やかで、7階の窓の向こう側には皇居のお堀と森が見える最高のロケーションであった。

 丸の内から銀座まで歩いて、こちらのお店で早めの昼食。銀座で天丼を食べるなら、ここがお勧めである。GINZA SIXに移動して、マスコットイベントの原稿をブラッシュアップ。出演者の皆さんにチェックをお願いして、14時から少し気の張るミーティングに臨む。先方とのディスカッションの結果、思わぬ形で動画企画が動き出すこととなった。これは面白いことになりそうだ。

 東銀座から大門に移動して、先月末の再検査を受けた検診センターへ。肝臓の数値が正常に戻ったということで、これから心配せずに酒が楽しめることとなった。とはいえ「ほどほどに」と先生に言われたので、その言葉をしっかり胸に刻むことにしよう。

 浜松町から京浜東北線で東十条まで移動。商店街を少し散策して、17時30分に長束恭行さんと合流。先日の東欧取材や、このほどミズノスポーツライター賞を受賞した『東欧サッカークロニクル』についてお話を伺う。19時からはこちらのお店で馬刺しをいただきながら、いろいろ深い話。最後はポジティブな話題で締めくくることができてよかった。

 22時に散会して、23時に帰宅。長束さんからいただいたクロアチア土産をカミさんに手渡して、午前0時就寝。

デニソワ人に別グループ、アジアでまた驚きの発見

マイナンバーを嫌ってTポイントを喜ぶ、日本人が気付いていない思い込み (1/4)

(残り 5196文字/全文: 6219文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック