【サッカーパック人気5位】 まさかのアクシデントもチームは乗り越えることしか考えない。「勝てていま…

宇都宮徹壱ウェブマガジン

躍進の水戸は「令和元年のサプライズ」となるか?(2019年5月5日@町田)

「令和初の〜」というフレーズが、そろそろ食傷気味に感じられるようになった5月5日、町田市立陸上競技場にてJ2第12節、FC町田ゼルビア対水戸ホーリーホックを取材。これが私にとって「令和初の現場取材」である。

 この日は「こどもの日」ということもあり、水戸からホーリーくんもかけつけてくれた。その水戸は、今季は開幕から無敗(6勝5分け)で前節まで首位を堅持。果たして、何が水戸の力強さを支えているか。それを確認するのが、今回の取材の目的であった。

(残り 665文字/全文: 948文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック