『サッカーがすごく楽しい』細貝萌がタイでプレーして気づいたこととは(J論)

宇都宮徹壱ウェブマガジン

宇都宮徹壱ウェブマガジン「ただ今準備中!」5月後半戦!(編集部・森衿子)

 先日、6月開催の女子ワールドカップフランス大会での日本代表最終メンバーが発表されました。2015年の準優勝時には、宮間あや選手の「女子サッカーの試合がある日に、会場にユニホームを着た女の子が数多く向かっていったりすること。それが文化だと思う」「なでしこブームではなく文化にしたい」といった一連の発言が話題となりました。

 その宮間さんを、トークショーのサプライズゲストとしてしか呼ぶことがない日本の女子サッカーが、果たして現在、どこまで「文化」たり得ているのか。日本代表の女子が、男子以上の戦績を残しているからこそ、そこも注視したい大会です。一方、最大のライバルである女子アメリカ代表は、ワールドカップでの報酬が男子選手の4分の1であることなどから、男女の給与格差是正を訴え、3月に訴訟を起こしました。女子サッカーを「文化」にできるか否かのヒントは、こういうところにもありそうですね。

 さて5月後半戦の予告です。今月第3週は、2月17日にヨコハマ・フットボール映画祭で行われたイベントから。『ディス・イズ・ザ・デイ』の著者、津村記久子さん、そして『KFG蹴球文化論』の著者、ロック総統をお招きしてのトークイベント『ディス・イズ・ザ・デイにあるサッカーを愛せ漫遊記』の模様をお届け! 芥川賞作家とフットボール革命家という異色の顔合わせから、果たしてどんなお話が飛び出したのでしょうか?

 そして第4週は、このほど『東欧サッカークロニクル』でミズノスポーツライター賞を授賞された、ジャーナリストの長束恭行さんが登場! 授賞の喜びの声と共に、この春に久々に訪れたクロアチア取材のこと、久々に日本に帰国して感じるJリーグのことなど、さまざまなテーマでお話いただきました。ちょうど現在発売中のフットボール批評に掲載されている、ミキッチへのインタビューの裏話もバッチリお伺いした模様です!

 最後に6月11日開催のWMイベント『東京からJへ! 令和初の昇格クラブはどこだ?』についてのご案内です。既に会員の皆様には先行で情報公開しておりましたが、13日正午からチケットの一般販売が開始されています。ご予約はどうぞお早めに!

 また、宇都宮は17日から宮崎取材に出かけます。最近はすっかり動画も駆使しておりますが、来月には動画を含めた取材の成果をお届けできる予定です。「こんな動画が見てみたい!」といったリクエストは、毎週火曜日更新の『徹壱の日記』コメント欄からお寄せくださいね。それでは5月後半もWMをお楽しみください!

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック