今夏のJリーグ移籍市場の深層をベテラン代理人が明かす(J論)

宇都宮徹壱ウェブマガジン

シャレン、雨の鹿児島、そして宮崎ダービー 5月13日(月)~19日(日)


5月13日(月)くもりのち晴れ@東京

 6時30分起床。新しい1週間は自宅作業でスタート。今週後半から地方取材もあるので、それまでにやるべきことをどんどん済ませておきたい。朝食後、カミさんを送り出してから、まずは先週の日記をまとめて入稿。その後、明日のインタビュー取材に関する電話での確認をして、来月11日のイベント情報を一般公開にする。さらに「写真塾」の応募作品を確認。今回の募集は6点だった。もう少しほしかったが、応募者には感謝したい。

 12時30分にこの日唯一の外出。気分転換で近所を散歩して、昼食と買い物を済ませて13時45分に帰宅する。その後は明日のインタビューの準備に没頭。今回は動画のみのインタビューである。後処理がいくらでもできるテキストとは違って、事前の設計が非常に重要だ。入念に準備と予習をしていたら、またたく間に夕方になってしまった。それから大学の講義で使用するパワーポイントを作成する。

 カミさん、21時に帰宅。夕食はマグロの煮付け丼をノンアルで。ニュースを見ていたら、日本の景気動向指数が6年2カ月ぶりに「悪化」とのこと。今さら感がいっぱいである。この状況下で本当に消費税を10%に上げるのだろうか。この日の最後の作業は、日曜日に撮影した動画の編集。5分以内の動画であれば、難なく編集できるようになったのは嬉しい。午前0時就寝。

水谷豊、若手時代の怒りと変化――「嫌われても構わない」すぐ辞めるつもりだった俳優業

(残り 5042文字/全文: 5656文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック