【サッカーパック人気1位】 あらためて考える「ブルーノ・メンデス」チャント事件 若者を萎縮させるゴ…

宇都宮徹壱ウェブマガジン

【無料動画】ドイツ在住 中野吉之伴さんと考える 指導者が「子どもと育つ」ために必要なこと<1/3>

 今週はドイツ在住のサッカー指導者で、通信員やライターとしても活躍している、中野吉之伴さんに登場していただく。普段はフライブルクを拠点に、現地のクラブで子供たちを指導する中野さん。日本人では数少ない、ドイツサッカー連盟公認A級ライセンス(UEFA-Aレベル)保持者であり、日々ドイツで摂取している情報を日本の指導者にフィードバックすることにも情熱を傾けている。

 最近は年に2回のペースで帰国し、日本各地の指導者講習会に招かれては、驚異的な数の講演やデモンストレーションをこなしている。そんな中野さんが、さまざまな指導現場を訪れる中で共通して感じる、育成の課題について考えるのが今回の主旨である。ヨーロッパの最先端の戦術は、日本でも比較的早く紹介されるようになったが、育成のメソッドについては発信者そのものが少ない。その意味でも、中野さんの存在は貴重だ。

 そんなわけで、帰国のタイミングで中野さんへの動画インタビューを試みたのだが、ここで皆さんにお断りしなければならないことがある。実は使用した貸会議室の音漏れが酷く、かなりノイズが入ってしまったのだ。一時は動画からテキストに変更することも考えたが、中野さんが持つ言葉の力の再現性を重視して、当初の予定どおり動画でのアウトプットと相成った。いささか不本意な仕上がりとなってしまったものの、内容的には申し分のないものとなっていると自負する。

 今回も動画は3本。1本目の動画(12分51秒)は、無料公開とした。YouTubeでご覧いただいた皆さんは、ぜひこの機会にチャンネル登録と動画の評価、そして感想などを書き込んでいただければ幸いである。(収録日:2019年7月3日@東京)

中野吉之伴『子どもと育つ』

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック