Jサポフリーペーパー文化。君は『アディショナルタイムズ』を読んだか?(J論)

宇都宮徹壱ウェブマガジン

ドイツ在住 中野吉之伴さんと考える 指導者が「子どもと育つ」ために必要なこと<2/3>

【無料動画】ドイツ在住 中野吉之伴さんと考える 指導者が「子どもと育つ」ために必要なこと<1/3>


 ドイツ在住のサッカー指導者で、通信員やライターとしても活躍している、中野吉之伴さんへの動画インタビュー。2本目の動画(12分50秒)では、主にドイツでの指導現場についてお話いただいた。欧州で日本人選手がプレーする風景は、すっかり当たり前のものとなった今日このごろ。しかし欧州で活躍する日本人指導者となると、まだまだ少数派だ。中野さん自身、新しいチームを指導する時は「それなりにプレッシャーを感じる」という。

 もちろん、欧州を拠点に活動することで得られるアドバンテージは計り知れない。情報の鮮度、人脈、そして学びの機会。その一方で、移民や難民の増加が育成指導の現場に与える影響など、現代の欧州ならではのエピソードにも事欠かない。普段なかなか知る機会が少ない、欧州の育成指導事情について、引き続き中野さんに語っていただくことにしよう。(収録日:2019年7月3日@東京)

中野吉之伴『子どもと育つ』

(残り 43文字/全文: 491文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック