遠距離恋愛サポは切り捨てられてしまうのか(J論)

宇都宮徹壱ウェブマガジン

東京からJへ! 令和初の昇格クラブはどこだ? 東京23FC×南葛SC×TOKYO CITY F.C.座談会<2/2>

東京からJへ! 令和初の昇格クラブはどこだ? 東京23FC×南葛SC×TOKYO CITY F.C.座談会<1/2>

東京都リーグ関係者必読のTOKYO FOOTBALL

──討論を始める前に、今回なぜこの3クラブをチョイスしたのかをお話したいと思います。ご存じのように「東京からJを目指す」クラブは他にいくつもあるわけで、「なぜあのクラブに声をかけないのか?」という疑問もあるかと思います。私が今回重視したのは「多様性」。地域性もそうですし、カテゴリーの違いもそうですし、フィロソフィーもそれぞれ際立っていたほうが議論も盛り上がると考えました。

 そんなわけで今回は、関東1部の東京23FC、東京都1部の南葛SC、そして東京都2部のTOKYO CITY F.C.の代表者の皆さんに集まっていただきました。先ほどのプレゼンで、三者三様のクラブ像というものが確認できたと思いますので、それを前提として討論をスタートさせたいと思います。まずは先駆者である東京23の原野さん、南葛とTOKYO CITYのプレゼンをご覧になって、いかがでしたでしょうか?

原野 それぞれにすごいなって思いました。南葛さんは「世界の翼くん」という強力なアイコンがあるし、TOKYO CITYさんは「渋谷」という街のポテンシャルを前面に押し出している。非常にスタイリッシュですよね。他のJクラブがいくら頑張っても、こういうイメージを発信するのは難しい。

岩本 TOKYO CITYさんの写真を見ていると、やたらと女の子が映っていましたよね。実はメンバーに知り合いがいるんですけど「なんかチャラいやつだな」と思っていたら「僕、TOKYO CITYでプレーしています」って(笑)。

山内 チャラいって言うとちょっと語弊があるんですけども、彼については「コミュニケーション能力が高い選手」と僕は理解しています(笑)。

──ちなみに今回のイベントの件で、いろいろやり取りさせていただく時、いつもレスポンスが早かったのがTOKYO CITYでした。それもまたコミュニケーション能力の高さなんでしょうね。山内さんから見て、2つの先輩クラブはどう映ったのでしょうか?

山内 本当に尊敬するしかないと感じていますね。東京23さんは、この中では最も早く「東京からJを目指す」と宣言されていましたよね。今と比べると、さらにハードルが高かったと思うのですが。

原野 先ほども言いましたように、そもそも「なぜ東京23区にJクラブがないんだ?」という疑問からスタートしているんですが、東京23FCというクラブ名については今でも時々SNSなんかで叩かれますね(苦笑)。「東京23なんて、田舎者の発想だ」とか。

(残り 4200文字/全文: 5299文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック