Jサポフリーペーパー文化。君は『アディショナルタイムズ』を読んだか?(J論)

宇都宮徹壱ウェブマガジン

移動の日々、突然の悲報、そしてハシゴ取材 9月30日(月)~10月6日(日)

9月30日(月)晴れ@東京~神戸

 6時30分起床。新しい1週間は、久々の自宅から。といっても今日から1週間、ラグビーワールドカップの取材で、西日本をぐるりと取材して回る。朝食後、カミさんを送り出してから、まずは昨日のオーストラリア対ウェールズの試合のコラムをブラッシュアップして入稿。それから荷造りの最終確認をして、11時30分に出発する。

 月末ということで、銀行で振り込み作業をしてから中央線で東京駅へ。今日はスムーズに到着することができたので、余裕を持って駅弁を購入し、13時10分発ののぞみに乗車する。さくっと昼食を摂ってから、先週の日記をまとめて入稿。さらに10月のイベントの告知動画も移動中に完成させる。

 新神戸に到着すると、今日の試合に臨むスコットランドとサモアのファンの姿をあちこちで見かける。とりわけ、スコットランドのタータン軍団を日本で見られるのは、とても感慨深い。地下鉄に乗って三宮で下車。ホテルにチェックインしてから、すぐに準備をして試合が行われる神戸市御崎公園球技場に向かう。

 19時15分キックオフの試合についてはこちらに書いたとおり。想像していた以上に、ティア1とティア2の力の差が出た試合結果となった。この日は、これまで知らなかったルールにも触れることができ、いろいろ勉強させていただいた。22時に取材を終えて撤収。ホテル近くのラーメン屋で遅い夕食をいただき、23時にホテルに帰着する。

 シャワーを浴びてからTVを点けたら、明日から消費税が10%にアップということで、日付が切り替わる各地の様子をNHKが伝えていた。何やら5月1日の改元に続く大晦日感。とはいえ今回は高揚感ではなく、やるせなさばかりが募る。原稿は8割がた終了。方向性も決まったので午前1時就寝。

【韓国サッカー】W杯予選での”平壌遠征”を控え早くも盛り上がり。現地での”殺せエピソード”も

「社宅」という、もう1つの職場――何のために造られたのか

『なつぞら』が描いた「昭和アニメ」の圧倒的魅力を振り返る

(残り 5290文字/全文: 6132文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック