【サッカーパック人気3位】 マルティノスと同部屋の『ビギー』と呼ばれる選手は誰??【僕たち同部屋シ…

宇都宮徹壱ウェブマガジン

YouTuberが夢見るJの未来像<2/2> コハロン✕グラっ子ルビナ✕千葉好男

YouTuberが夢見るJの未来像<1/2>  コハロン✕グラっ子ルビナ✕千葉好男

バレてる? バレてない? 実はYouTuberの私

──YouTuberの皆さんが、スタジアムで声をかけられるというのは、ある意味必然だと思うんですよ。でも当然ながら、皆さんそれぞれにプライベートやビジネスモードの時間もあるわけじゃないですか。とりわけ職場での「身バレ」というのは、皆さんにとってどんな感じなんでしょうか?

ルビナ 私の場合、職場の人たちはYouTuberであることを知っているんです。でも一度だけ、お客様が連れていたお子さんに見つかったことがあって(苦笑)。マスクをしていたんですけど、目を見ただけでわかったみたいです。その時は「内緒にしておいてね」って言ったんですけど。

──千葉さんの場合、声の仕事をしていている時は「桑原敬一」の名前でやっているわけじゃないですか。「千葉好男さん」って呼ばれることってあるんですか?

千葉 ファーストネームで馴れ馴れしく「好男!」って言われたりしますね(笑)。ただ、本業の仕事関係でサッカーファンの方にお会いした時に「ジェフ千葉を応援しているYouTuberです」って自己紹介すると、すぐに仲良くなれたりします。そういう仕事上のツールとして使わせていただくこともありますね。

──コハロンさんは、職場でバレる可能性が最もありそうですが。

コハロン めっちゃバレますね。今はスポーツショップでバイトをしていて、ラグビーワールドカップ期間中は日本代表のユニフォームを売っていたんですね。それでお店の人と相談して、赤白ボーダーのタイツを着て売っていました(笑)。

ルビナ そこはブレないんですね(笑)。

──自ら広告塔になっていると! もう、バレるバレないの話じゃないですね。そんなわけで、最後のテーマに移りたいと思います。題して「YouTuberが夢見るJの未来像」。Jリーグが開幕した頃というのは、インターネットも普及していなかったし、スマートフォンもなかったし、もちろんYouTubeなんてなかったわけです。それが今、動画を使って個人が発信できる時代になったことで、Jリーグの楽しみ方というものも、どんどん変化していくのではないかと思ったわけです。

 たとえばコハロンさんの動画にゲスト出演している人たちって、皆さん平成生まれで、物心ついた時からJリーグは開幕していたし、インターネットも身近にあった世代ですよね。そういった世代が社会の中心になっていくにつれて、Jリーグの楽しみ方やスポーツとの関わり方というものも、どんどん変化していくように感じられるんですよ。そのヒントとなりそうなものを、お三方とのディスカッションから導き出されればいいかなと。もちろん大きなテーマではあるので、ぱっと思いつくところからお話いただきたいのですが。

(残り 4949文字/全文: 6130文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック