【サッカー人気4位】【トピックス】短期集中連載『永井秀樹、…

宇都宮徹壱ウェブマガジン

平常のクリスマス、タグ祭り! そして断捨離 12月23日(月)~29日(日)

12月23日(月)くもり@東京

 6時50分起床。新しい1週間は東京の自宅から。来週には新年を迎えるわけだが、まだ大掃除の準備もできていないし、年賀状も1枚も書いていない。いろいろ焦る気持ちを募らせながらも、今日も粛々と仕事をしていくことにしよう。朝食後、カミさんを送り出してから、まずは先週の日記をまとめる作業からスタート。

 11時に出発。中央線とバスに乗って、練馬の実家に向かう。お昼過ぎに到着して、母お手製のオムレツを昼食にいただいてから、80歳の誕生日プレゼントとしてロボホンをネットで購入。年内に届けば、楽しい正月を迎えられることになりそうだ。正月での再訪を約束して、13時に実家を出る。

 14時、久々のJFAハウスにて、Jリーグの会見を取材。出来上がったばかりの2019年PUB REPORTをテキストとして、今年のJリーグの総括を村井満チェアマン、原博実副理事、木村正明専務理事、そして米田惠美理事がそれぞれプレゼンテーションを行った。取材後、米田理事に、昨日ゲストに招かれた『燃えろ! J2党』の感想を聞く。「周りから止められたけど、楽しかったです」とのこと。やはり怖い場所だと思われているのだろうか。

 そのあとの懇親会にも参加したかったのだが、たまっている原稿をできるだけ進めておきたいので失礼する。渋谷に出て、いつものBOOK LAB CAFEにて執筆。昨日、訪れたコワーキングスペースから「審査に通りました」とのうれしいメールをいただく。執筆を続けていると、たまたま上野直彦さんに声をかけられる。このあとの忘年会でもご一緒する予定だったので、こちらのお店へ。一足早く乾杯する。

 20時、忘年会がスタート。たまたま藝大サッカー部の大先輩で、FCバルセロナのカンプ・ノウ改修プロジェクトに関わった方も参加されていたので、いろいろ興味深いお話を伺う。近いうちにきちんと取材させていただくことにしよう。22時30分に散会。帰宅後、風呂に入って午前0時20分就寝。

街を変え、自らも変わったDF。飯田真輝がトライアウトで語る胸中。

「イラン系日本人」の私がイランでラーメン屋を開きたくなった理由

フジテレビの「冬」を支え続ける『ザ・ノンフィクション』人気の構造

(残り 4482文字/全文: 5405文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック