【サッカー人気5位】「面白いサッカー」が約束されている清水…

宇都宮徹壱ウェブマガジン

OWL Magazine新年会、大先輩との歓談、そしてキックオフカンファレンス 2月10日(月)~16日(日)

2月10日(月)晴れ@東京

 6時30分起床。新しい1週間は東京の自宅から。新シーズン開幕に向けて、今週から忙しくなるが、今年ほど新シーズン到来が待ち遠しく感じられたことはない。朝食後、カミさんを送り出してから、まずは先週の日記をまとめてから、今日のミッションを確認。マスコットイベントの後始末は、一気に進めておきたいところだ。

 10時30分に出発。眼科で新しい眼鏡の処方箋を作ってもらい、新宿に出て軽く昼食を済ませてから、13時に予約してある貸し会議室へ。助手役のKくんもすぐに合流した。動画撮影の準備をしているところで、本日のインタビュイーである左伴繁雄さんが登場。少しお待ちいただいてから、13時20分より動画撮影を交えたインタビュー取材を開始する。

 左伴さんといえば、5年間続けた清水エスパルスの社長を先月退任されたばかり。昨年からお話を伺いたいと思っていたところ、ようやく実現の運びとなった。「以前、スポナビで取り上げていただいた記事のおかげで、清水での営業がやりやすくなりました」と、嬉しい後日談を教えていただいた。お話の内容もとても面白かったので、完成を楽しみにお待ちいただきたい。

 左伴さんをお見送りしてから、Kくんと新宿駅までご一緒して、彼がサポートしている清水の近況についていろいろ教えてもらう。その後は西荻窪に移動して、ギリギリまでコワーキングスペースで作業。西荻に拠点があると、隙間の時間を有効活用できるので、本当にありがたい。19時まで作業して撤収、今度は池袋に移動する。

 19時30分、サッカーファンにはお馴染みのこちらのお店にて、OWL Magazineの新年会に参加する。間もなくタクシードライバーの免許資格が得られる、中村慎太郎さんにも久しぶりにお会いできた。仕事帰りのカミさんも合流して、楽しい時間を過ごす。22時に一次会がお開き。そのままカミさんと失礼する。

 23時に帰宅。まだやるべき仕事が残っていたが、少し飲みすぎたので明日の朝に頑張ることにしよう。午前0時就寝。

ネオリベに反旗翻すナショナリスト政党がアイルランド総選挙で首位 欧州に新たな台風 二大政党が凋落

(残り 5369文字/全文: 6260文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック