【サッカー人気1位】M&Aのプロフェッショナルが…

宇都宮徹壱ウェブマガジン

NPB・Jリーグ合同会見、鹿島詣で、そして「Jリーグがない週末」 3月2日(月)〜8日(日)

3月2日(月)雨のちくもり@東京

 5時30分起床。新しい1週間は自宅のある東京から。今朝のニュースも新型コロナで一色。ネットやSNSでも状況は変わらない。そろそろ状況に応じて、情報をシャットアウトする時間を個々人が意識する必要がありそうだ。とりあえず、Yahoo!個人ニュースに掲載するツンさんの原稿を書き進める。

 朝食後、カミさんを送り出してから、執筆を再開。目標の5000ワードを少し超えたが、満足できるクオリティまで書き上げて10時に入稿する。するとJリーグから会見の案内メール。今日の15時から、NPB(日本野球機構)と共同会見を行うという。随分と急だなと思いつつ、幸い16時のアポと同じ品川だったので、先方に15分遅れてスタートすることを承諾してもらう。

 12時に出発。品川に到着してから、駅ナカのカレー屋で昼食を摂って、会見の会場となるホテルに向かう。14時に受付を終え、15時にNPB斉藤惇コミッショナーとJリーグ村井満チェアマンの会見を取材。今回も動画を撮影してみたが、人数が多すぎて納得できる画が撮れず。やはりポジショニングは重要だ。会見の内容よりも、むしろNPBJリーグが並ぶ瞬間を目撃できたことに意義深いものを感じた。

 小雨が降っていたし、次の目的地が駅の反対側だったので、久々にタクシーを利用して次の目的地へ。この日、アシスタント役として同行してくれることになったOWL Magazine円子文佳さんと合流。バリュエンスホールディングス株式会社代表取締役社長の嵜本晋輔さんにインタビューさせていただく。

 実はこの人、ガンバ大阪で3シーズンのプレー経験がある元Jリーガー。現役引退後、父親の会社を引き継ぎ、2年前に上場させて話題になった。そのユニークなキャリアに注目が集まったが、私としてはむしろ現在のサッカービジネスやセカンドキャリアについて、どんな見解を持っているのか知りたかった。その部分についてはうまく引き出せたと思う。

 取材後、御茶ノ水駅で円子さんとお別れして、そのまま帰宅。中央線の中で先週の日記をまとめて帰宅後に入稿する。カミさん、20時帰宅。昨日作り置きしておいた白菜と豚肉の中華鍋を日本酒と共にいただく。その後、左伴繁雄さんの今週アップ分の原稿を途中まで執筆して23時就寝。

新型コロナウイルス拡大防止の総理会見を茶番劇にした官邸と官邸記者クラブの愚

因果応報 ゴーン軍団「チーム国外逃亡」の痛い末路

寄生ではない共生を目指して「パラサイト」監督インタビュー

(残り 5669文字/全文: 6709文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック