遠距離恋愛サポは切り捨てられてしまうのか(J論)

宇都宮徹壱ウェブマガジン

ヤサガラスにチェアマン、サプライズゲストが続々登場!「2020Jリーグマスコットを語り尽くす」<1/2>

 今週は2月8日にLOFT9 Shibuyaで開催された、宇都宮徹壱WMプレゼンツ「2020Jリーグマスコットを語り尽くす」の模様をお届けする。この日の登壇者は、漫画家の千田純生さん、サンフレッチェ広島の吉武雄太さん、ヴァンフォーレ甲府の山地渚さん、そしてお笑いタレントの平畠啓史さん。加えて、前口上にはシンディーさん、グッズ売り場には「グッズ担当の女」さん、さらにはヤサガラスや村井満Jリーグチェアマンまで登場するという、空前の豪華イベントとなった。

 今回の原稿をまとめていて、たった1カ月ちょっと前の出来事が、随分と遠い昔のように感じられてならなかった。この頃のわれわれは、ただただJリーグの開幕を待ちわび、100人規模のイベント開催に何らの躊躇や懸念を感じることなく、のほほんとマスコットについて語り合っていたのである。こうした何でもない日常の、何と素晴らしかったことか! そうした日常が一日も早く戻ってくることを願いつつ、登壇者の皆さんによるマスコット愛に溢れたトークをお楽しみいただければ幸いである。こんな時節だからこそ。(収録日:2020年2月8日@東京)

<目次>

*1位マリノスケ、2位グランパスくん、3位ヴィヴィくん

*「若手」のギッフィーと「取説がほしい」蹴っとばし小僧

*ベスト3の固定化はJリーグアプリからの投票が原因?

*マスコット界の偉業!「マリノス君450試合出場達成」

*馴れ馴れしくも「けっこう働いていた」Jリーグキング

*マスコットにとって2020年はどんな年であるべきか?

1位マリノスケ、2位グランパスくん、3位ヴィヴィくん

──第1部は、Jリーグマスコット総選挙予想です。皆さんには例年通り、1位、2位、3位、期待、大穴を予想していただいたのですが、今回はすでに結果発表が終わっています。1位マリノスケ、2位グランパスくん、3位ヴィヴィくん。ですので、答え合わせをしながら皆さんに言い訳をしていただきたいと思います(笑)。まず、1位から3位までを的中させ、期待のニータンが4位となった千田先生から。

千田 1位のマリノスケに関しては、去年リーグ優勝した勢いでマリサポの熱量もあるので、優勝するならここだろうと。よくぞグランパスくんの壁を乗り越えてくれたと思います。ニータンに関しては、実はウチの甥っ子にそっくりという、それだけの理由です(笑)。もともとポテンシャルが高かったので、良かったなと思います。

──大穴はレディアですね。確か奥様は浦和サポだったと思いますが。

千田 そうなんですけど、びっくりするくらいマスコット総選挙に関心がないんですよね。むしろニータンが大好きで、写真集も買っているくらい。

平畠 言っときますけど、僕も買いましたから(笑)。

──言っときますけど、私の写真とコラムも載っていますから(笑)。次はサンフレッチェ広島、吉武さんの予想を見てみましょう。1位グランパスくん、2位ヴィヴィくん、3位ベガッ太、期待サンチェ、大穴Jリーグキング、となっていますが。

吉武 今回からJリーグアプリからの投票になったんですが、名古屋さんはプロモーションが上手いし、名古屋ファンのアプリ利用者も多いですから、3連覇は堅いだろうなと思っていました。2位と3位も同じ理由です。

山地 サンチェが期待なのは、どうしてですか?

吉武 去年までの活躍というか、総選挙にかける意気込みや活動といったものが、僕が担当していた時よりもちょっと薄いと感じまして。本当は他のマスコットを期待にしても良かったんですけど、SNSで炎上するのも得策ではないということで(苦笑)。大穴のJリーグキングは、去年に出たヌイグルミに人気があったので「これは来るかも」と思って選んだのですが、あまり来なかったですね(笑)。

──ありがとうございます。次はヴァンフォーレ甲府、山地さんの予想ですね。1位ヴィヴィくん、2位グランパスくん、3位ニータン、期待ヴァンくん、大穴Jリーグキング。期待が自クラブ、大穴がキングというのは、何やらフォーマットっぽいものを感じるのですが(笑)、気のせいでしょうか?

山地 気のせいです(笑)。先ほど吉武さんのお話にもありましたけど、Jクラブ的にはアプリの投票方法で「これくらいの順位になるだろうな」っていうのが、ある程度は読めてしまうんですよね。そんな中でヴィヴィくんは、J2クラブのマスコットですけどファンがめちゃくちゃ多いし、去年のウチとの開幕戦では本当に一目惚れしてしまって。あの可愛らしさが、ヴァンくんどころではない(笑)!

──今日は前任者の井尻(真理子)さんがいらしていますが、怒られませんか?

(残り 3877文字/全文: 5775文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック