【サッカー人気5位】大槻さん、そして今季のラスト4試合 こ…

宇都宮徹壱ウェブマガジン

シャレン!アウォーズ、連日のZOOM取材、そしてYouTuber再集合 5月11日(月)~17日(日)

5月11日(月)晴れ@東京

 6時30分起床。新しい1週間は自宅のある東京から。「Jリーグ再開」の夢を見た。ただし夢の中では、2月に開幕したシーズンは「なかったこと」とされ、秋口(9月くらい?)に開幕するというもの。夢の中の荒唐無稽な出来事ではあるが、せめて夏に入るくらいにはリーグ再開となってほしいものだ。

 朝食後、11日ぶりに出社するカミさんを送り出し、まずは先週の日記をまとめて入稿。写真は食べ物ばかりというのは、ずっと蟄居生活を送っていたのだから仕方あるまい。その後、いわてグルージャ盛岡の原稿チェックをNOVAに依頼。さらにドームの安田秀一CEOのインタビュー動画と原稿もチェックに回す。いいペースだ。

 11時、NPBJリーグの新型コロナウイルス対策連絡会議のZOOM会議に参加。今回は専門家の先生への質問が多かった。要点すると、韓国やドイツなどでリーグ戦が再開されているが、日本の場合はまだ予断を許さない状況が続いていること。実際に再開された場合に向けて、さまざまなケースを考えたガイドラインを作成中であること。再開に向けた、具体的なプランへの言及はなかった。

 12時20分、外出。吉祥寺まで足を伸ばし、久々に外食をする。今日は夏日で気温が30度近くに達したが、道行く人達が半袖マスク姿というのは、やはりどこか異様である。今日こそはと思って、駅チカビルで生餃子を買おうと思ったら、ほとんどの店がクローズになっていた。仕方ないのでハモニカ横丁を歩いていたら、町中華が餃子の販売をやっていたので、これ幸いと購入して帰路につく。

 帰宅後は、土曜日にZOOMインタビューした和田静香さんの記事を執筆。相撲ファンにとっての「無観客試合」の見方は非常に興味深く、ぜひともサッカーファンに知ってもらいたいと思った。17時からは再びZOOMJリーグの会見に出席。村井満チェアマンの言葉から、政府の方針が決まらないとJリーグも動けないというジレンマが強く感じられた。

 その後、今週の#WMZOOM座談会の告知文を作成。出演者と村田要さんに投げかけて、今日の仕事は終了。カミさん、20時に帰宅。夕食は、今日買った餃子を焼いて、赤ワインとともにいただく。カミさんも久々の出社でちょっとくたびれた様子。緊急事態宣言明けに向けて、お互いリハビリが必要なことを痛感する。23時就寝。

これが新型コロナ時代のサッカーなのか。Kリーグ開幕と日本人選手たち

(残り 6304文字/全文: 7315文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック