【サッカー人気3位】堅実性を増す浦和が、チーム刷新に苦慮す…

宇都宮徹壱ウェブマガジン

初めてのリモート講義、女子プロレスラーの死、そして「無観客」のリアリティ 5月18日(月)~24日(日)

5月18日(月)くもり時々雨@東京

 7時起床。新しい1週間は自宅のある東京から。先週に39県の緊急事態宣言が解除され、少しずつではあるが日常が戻り始めていることがニュースで報じられている。残り8都府県については、今週には方向性が決まるとのこと。ここで解除が決まれば、Jリーグ再開の目処も見えてくることだろう。

 朝食後、今日はリモートワークのカミさんと朝の散歩。カミさん、最寄り駅で定期の更新を済ませる。カミさんは明日から出社予定。といっても今週は週2回だが、それでも日常が戻りつつあることを実感する。9時に帰宅。まずは先週の日記をまとめて入稿し、先週仕上げたZOOM座談会原稿のブラッシュアップ、さらに今週のZOOM企画の告知文をまとめて午前の作業は終了する。

 昼食は博多のとんこつラーメン。キャベツと焼豚、そして高菜を入れたら豪華な仕上がりになった。午後は今週から始まる講義の準備。これまで講義で使ってきたパワーポイントを動画化する作業に没頭する。15時から和光大学の原田尚幸先生とZOOMでミーティング。今年の講義に91名の学生がエントリーしていることを知る。頑張らねば。

 その後、部屋を締め切ってパワーポイントのナレーションを吹き込む。といっても、外付けカメラのマイクでは音がこもるので、iPhoneで別に撮影して、最終的に編集ソフトではめ込む方法を採る。とりあえず撮影は成功。パワポの動画が生成されるまで時間があるので、気晴らしも兼ねて買い物に出る。

 帰宅後、岩本義弘さんがスタートさせた『蹴球ゴールデン街』というオンラインサロンに入会。リリースと同時に3桁の人が集まってくるのは、ご本人の人徳によるものだろう。17時からは、ようやくフットボール批評の執筆に専念。Jリーグ再開に向けた「プロトコル」に関する原稿に着手する。明日が締め切りだが、果たして間に合うだろうか。

 20時に夕食。カツオ、中トロ、ホタルイカを日本酒と共にいただく。その後はひたすら批評の原稿に取り組む。できればあと1日は執筆に充てたかったのだが、今回はストレートな文体で完成させることを第一に心がけよう。6割ほど書き進めて、午前0時就寝。

オンラインサロン「蹴球ゴールデン街」

(残り 5550文字/全文: 6470文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック