【サッカー人気1位】興梠慎三がワンチャンスで仙台を沈める …

宇都宮徹壱ウェブマガジン

女子ワールドカップ、久々の対面インタビュー、そしてJリーグ再開 6月22日(月)~28日(日)

6月22日(月)雨@東京

 6時40分起床。体温36.1度。新しい1週間は自宅のある東京から。朝から雨模様だが、朝食後にカミさんと近所を散歩する。帰宅後、カミさんは自宅作業。私は先週の日記をまとめて、神戸大の岩田健太郎先生とデロイトトーマツの森松誠二さんとの対談をブラッシュアップ。すぐさまチェックに回す。

 10時30分から、新型コロナウイルス対策連絡会議の会見をZOOMで確認。すでにプロ野球が無観客で開幕した中、次の関心は「いつから観客が入れるのか」。今回の会見で明らかになったのは2点。プロ野球もJリーグも「7月10日から観客を入れるが、あくまで予定」であること。そして「観客にはウィズ・コロナの応援スタイルが求められる」ことである。

 昼食は富士宮やきそばを作って、カミさんといただく。13時、明治大学やグルージャ盛岡で監督をされていた神川明彦さんと、久々にZOOMにて打ち合わせ。神川さんは現在、東京23FCアカデミーヘッドオブコーチングの任にあるという。その事に関連して、いくつかアイデア出しをさせていただいた。いろいろお話しながら、あらためてサッカー界の密な距離感を実感する。

 打ち合わせ終了後、再開後のJリーグの取材申請の手続きをする。いつもならカードを選ぶだけなのだが、今回は2週間前からの体温を記録したエクセルを添付し、さらに健康状態に関する必要項目を記入する。今回はジェフ千葉対大宮アルディージャを選択。首都圏のカードはかなり競争率が高そうだが、結果やいかに。

 その後は大学の講義のためのナレーションりをして、夕方に気分転換を兼ねて買い物。戻ってから、講義の動画編集をしていると、NHKのニュースが、2023年女子ワールドカップ招致で、JFAが招致を断念したことを報じていた。WEリーグ発表の直後だっただけに、個人的にはかなりショック。招致レースではオーストラリアとニュージーランド共催がリードと聞いていたが、これ以上の争いは得策でないと判断したのだろうか。

 夕食はブリのてりやき。こちらの動画を参照しながら作ってみたが、まあまあ美味しくできた。次回、作る時はもう少し出来栄えにも留意したい。夕食後は、カミさんと収録した「今月の振り返り」動画を編集。30分くらいの動画を17分17秒にまとめて、今日の作業はすべて終了。23時30分就寝。

FIFA女子W2023はなぜ日本に来なかったのか?

鹿島アントラーズは「ギフティング(投げ銭)」にどんな可能性を見たか?

サブスクのメリットとデメリットのこと

(残り 5232文字/全文: 6282文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック