【サッカー人気1位】Jクラブはそろそろどれくらい大変なのか…

宇都宮徹壱ウェブマガジン

クリアソン密着、居酒屋バッカス、そしてゼットエーオリプリ 8月3日(月)~9日(日)

8月3日(月)晴れ@水戸~東京

 7時20分起床。体温36.1度。新しい1週間は、取材先の水戸から。まずはシャワーを浴びてからホテルの朝食。コンパクトながら上品で粒ぞろいの和食で、ちゃんと納豆が付いているのがうれしい。昨日の夕食はKsスタのスタグルで済ませてしまったので、失ったものを取り戻したような気分になる。水戸を再訪する時は、またここに投宿しよう。

 9時40分にチェックアウト。水戸駅まで歩き、北口で水戸ホーリーホック広報のAさんに車でピックアップしていただく。Aさんは今年5月に入社したばかり。前職はそれなりにやりがいと収入のある仕事だったが、「サッカーの仕事がしたい」という一心で縁もゆかりもない水戸にやってきたという。いろんな人生があるものだなと実感。

 10時15分、水戸市内のクラブ事務所に到着。10時30分から水戸の前社長、沼田邦郎さんのインタビューをさせていただく。クラブ社長に就任したのは2008年。先月に小島耕新社長にバトンを渡すまで、実に12年にわたってクラブを支えてきた。その激動の時代とご自身の経営理念について、1時間半にわたって語っていただく。はっきり言って、1回の記事でまとめるのがもったいないくらい、充実した内容だった。

 12時にインタビューが終了。沼田さんの車で水戸駅まで送っていただき、今回の水戸取材はすべて終了となった。昼食は、昨日もお世話になった駅ナカの回転寿司。お土産の納豆も買って、13時27分発の特急ときわに乗車。少し休んでから原稿と思ったら、そのまま東京に着いてしまった。

 15時40分に帰宅。今日は自宅作業だったカミさんが迎えてくれた。その後はひたすら、福山シティFCの原稿を執筆。最後のパートを書き上げてから、大学の授業の準備の続きに着手する。かなりタイトなスケジュールだが、明日にはナレーション録りができそうだ。18時に今日の作業はいったん終了。

 18時30分に風呂に入り、19時30分に夕食。マグロの醤油味パスタを白ワインと共にいただく。カミさんは明日、人間ドックということで、早めに就寝。その後、福山シティFCの原稿をブラッシュアップして、チェックに回してから今日の仕事はすべて終了した。少し焼酎をいただいて、23時30分就寝。

プレミアリーグの勢力図を塗り替えた名将クロップの「最強のマネジメント術」

旅好きの湘南ベルマーレサポーターが考えた、おすすめしたい「平塚」

(残り 6229文字/全文: 7234文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック