【サッカー人気3位】【赤黄の道標】グランパス稲垣が語る川崎…

宇都宮徹壱ウェブマガジン

LINE訪問、リモートでの秋田取材、そして書籍入稿 9月28日(月)~10月4日(日)

9月28日(月)晴れ@東京

 6時30分起床。体温36.3度。新しい1週間は自宅のある東京から。秋晴れの気持ちが良い一日。いつものように体重計に乗ると、何とも思わしくない数字をはじき出した。取材を再開したとはいえ、最近は歩く距離がめっきり減っていた。書籍の入稿を終えるまで、久々に禁酒をすることを決断する。

 朝食後、さっそく作業を開始。いくつかメールを送り、さらに先週の日記をまとめて入稿する。10時20分に出発。11時、吉祥寺のいつもの美容院で散髪をして、新宿に移動。今日の取材でご一緒する五十嵐メイさんとこちらのお店で合流する。

 メイさんは、最近「サッカー&ラーメン」で売出し中のライター。ということで、彼女と仕事をする時は、いつも新規ラーメン屋の開拓を絡ませるようにしていく。この日入ったお店はエビ風味のつけ麺で、少しイタリアンを意識したような味付け。麺を少なくして、その分チャーシューを選択したのだが正解だった。味はとても満足できるものだったが、それでも私にはボリュームありすぎだった。

 アポイントまで1時間ほどあったので、近くのチェーン系カフェで仕事をして時間をつぶす。ありがたいことにWi-Fiが飛んでいたので仕事は捗った。14時にJR新宿ミライナタワーにある、LINE株式会社へ。今日インタビューさせていただく、同社の塩畑大輔さんに案内されて、23階のオフィスの会議室で、さっそくお話を伺う。

 当WMは最近、クラブ社長への取材が続いていたが、気になる書き手についても折に触れて登場していただいている。塩畑さんは日刊スポーツから3年前にLINEに移籍した人で、最近はnoteで魅力的なコラムを書き続けている。これらのユニークなキャリアとアウトプットは、実はしっかりとベクトルが揃っており、非常に刺激的なインタビューとなった。こちらについては、10月の後半に原稿にする予定である。

 16時に取材を終えて、新宿駅でメイさんと別れてから、今日の食材を買い込んで17時に帰宅。書籍の赤入れ作業をしてから、今週掲載予定の山雅サポ座談会を何とか完成させる。外出中のカミさんが帰宅するタイミングに合わせて、夕食の準備。そろそろ鍋の季節ということで、きりたんぽ鍋を作る。

 カミさん21時に帰宅。久々にノンアルでの夕食となった。その後、座談会の原稿をブラッシュアップしてチェックに回すと、再び赤入れ作業。頑張って第12章まで仕上げる。明日にはすべての原稿の赤入れを終えて、明後日に反映させれば、いったん原稿が手を離れることになる。そうなったら祝杯だ! 明日は早いので、22時30分就寝。

リフティングできないと試合に出さないは愚策? 元ドイツ代表指導者が明言する「出場機会の平等」の重要性

マイナス思考って悪い事なの?

建物倒壊でがれきの下に10時間……インドの男性が撮影

(残り 6316文字/全文: 7486文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック