【サッカー人気1位】完膚なきまでの敗戦だった鹿島戦 今季の…

宇都宮徹壱ウェブマガジン

一足先にリーグ戦を終えた9地域にエールを 赤スポで見た関東リーグ最終節の風景に思う

 今週も本題に入る前に、まずは告知から。周知のとおり当WMは、基本的に宇都宮徹壱が作るコンテンツを配信している。このたび久々に外部からゲストを招き、月1の連載を担当していただくことになった。新連載のタイトルは──

「ヒダリトモに訊け! プロスポーツクラブお悩み相談室」

 なんと、あの左伴繁雄さんの登場である。横浜F・マリノスの社長時代には、岡田武史氏を監督に招聘して2連覇(2004年と05年)を達成。湘南ベルマーレの常務(のち専務)取締役時代は「地を這うような営業」でクラブの財政基盤安定化に貢献。そして清水エスパルスの社長時代は、クラブ史上初のJ2降格に直面しながらも、1年でのJ1復帰とクラブのリブランディングを成し遂げた。そして今年、左伴さんはB3リーグのベルテックス静岡で、エグゼグティブスーパーバイザーに就任している。

 そんな左伴さんにご登場いただくことになったのは、宇都宮徹壱WMというメディアを通して、アンダーカテゴリーの経営者やフロントスタッフとのマッチングを実現させたいという思いがあったからだ。最近はスポーツ界でも、令和時代を担う若い経営者が続々と登場している。それはそれで心強いと思う一方、平成時代のトップランナーだったベテラン経営者との接点が生まれれば、彼ら彼女らが迷ったときの指南役となってくれるのではないか。そんなわけで「お悩み相談室」という体裁での連載を思い立った次第である。

 宇都宮徹壱WMは、コンテンツを提供する個人メディアであると同時に、人と人とがつながる「場」でもありたいと考えている。狭いように見えるサッカー界だが、カテゴリーやジャンルや地域が違うと、意外と出会いの場が限られていたりするものだ。幸いにして私は、カテゴリーやジャンルや地域を自由に行き来しているので、常に「この人とこの人が出会ったら面白いのに」と考えている。今回の左伴さんの連載でも「マッチングの妙」を前面に押し出したい。記念すべき連載第1回は、10月12日公開の予定だ。

(残り 1914文字/全文: 2749文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック