【サッカー人気5位】【解説】事案発生後、すぐに報告した仙台…

宇都宮徹壱ウェブマガジン

WE Love 女子サッカーマガジン、カメルーン戦、そして横浜トリエンナーレ 10月5日(月)~11日(日)

10月5日(月)くもり@東京

 7時起床。体温36.6度。新しい1週間は自宅のある東京から。日本が世界に誇るファッションデザイナーの高田賢三さんが、フランスで亡くなったことを知る。享年81。死因はコロナで、亡くなる直前までバリバリ仕事をしていたのだそうだ。高齢者のコロナ死を「単なる寿命だろ?」で片付けている人たちは、今回も同様のことをおっしゃるのだろうか?

 朝食後、今日は自宅作業のカミさんと近所を散歩して、今日の作業を開始。先週の日記をまとめてから、来月発売される書籍のプロモーションに関するアイデアをまとめて、版元の編集者に送る。こうした仕込みは、よほど大きな版元でない限り、書き手の仕事となっているのが実情。ゆえに、できるだけ自分でも楽しめるような仕掛けを考えることにしたい。

 昼食にラーメンを作ってから、12時40分にカミさんと外出。そのまま買い物するカミさんと駅前で別れ、西荻窪のコワーキングスペースに向かう。13時から作業を開始。今週は早めにWMコラムを執筆することに。コラムの冒頭では、左伴繁雄さんの月1連載についての告知に充てる。明日の左伴さんへのインタビューに向けて、イメージがより明確になった。

 16時に作業を終えて、途中買い物をして17時前に帰宅。書籍のプロモーションに関して、早くも嬉しいリアクションがあった。今週アップする、鈴木啓太さんのインタビュー動画に関しても、細かい指摘以外は「問題なし」とのこと。夕方のNHKニュースで、はやぶさイレブンに入団した永里優季選手のインタビューをやっていた。神奈川県2部のニュースが、全国ニュースでも取り上げられるくらいのインパクトを、あらためて実感する。

 20時の夕食は、アジとマグロの刺し身、豆腐とほうれん草のお吸い物、油揚げと唐辛子の煮物を白ワインと共に。いつもなら、このあとも何となく書物をしていたのだが、書籍が一段落したので特に急ぎの締め切りもなし。逆に何とも落ち着かない気分になる。焼酎のロックをいただいて、23時就寝。

Bリーグの新型コロナ特例契約は機能しているか? 琉球ウォッシュバーンが見せる奮闘

女性閣僚の数「何とも思わない」田中みな実に賛同する20歳女子の本音

金持ちほどより長く生きたと感じている、新説

(残り 6053文字/全文: 6988文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック