【サッカー人気2位】長谷川健太監督「(ディエゴは)自分で歩…

宇都宮徹壱ウェブマガジン

相次ぐJリーガーの不祥事、新著の予約開始、そして新たな旅の日々 10月19日(月)~25日(日)

10月19日(月)くもり時々雨@東京

 6時40分起床。体温36.1度。新しい1週間は自宅のある東京から。今週は長期の国内取材が始まり、その前には新著の校正作業も最終段階を迎える。今週も緊張感をもって走り抜けることにしたい。朝食後、カミさんと近所を散歩。めっきりと気温が下がった。9時30分、出発。先週同様、隣駅まで急ぎ足で歩く。

 10時10分、西荻のコワーキングスペースに到着。LINEの塩畑大輔さんのインタビュー記事の執筆をしつつ、途中、JリーグとNPBの新型コロナ対策連絡会議のZOOM会見に参加する。この会議も18回を数え、会見の内容もかなり高度化した印象を受ける。段階的に入場者の上限を上げているJリーグとプロ野球の事例は、東京五輪を開催させたい人々にとっても勇気を与えていることだろう。

 11時30分に打ち合わせのため外出。新宿でさくっとランチをいただいて、12時30分からタグマ!の村田要さんと定例ミーティング。今後に向けたリクエストをお願いしつつ、サッカー業界とネット業界の最新事情を仕入れることができた。予定の1時間を大きく超えたが、いろいろ実り多きミーティングであった。

 14時に村田さんと別れてから、金曜日の富山行きのバスチケットを購入するべく、新宿バスタに向かう。何と、朝の便はコロナ禍の影響で運休とのこと。夜の便だと早朝についてしまうため、移動は新幹線にすることにしよう。Twitterで、アルビレックス新潟のファビオとペドロ・マンジーの両選手が、道交法違反問題の件で契約解除になったことを知る。この件、やはり何かしら書くべきだろう。

 15時にコワーキングスペースに戻り、作業再開。塩畑さんの原稿をチェックに回してから、書籍のゲラチェック。思わずヒヤリとさせられる、誤植がいくつか見つかる。18時30分に作業を終了。19時に帰宅してからも、きりの良いところまでゲラチェックを続ける。20時に今日の作業が終了。

 夕食は、チキンのローズマリー風味とギリシャ風サラダ、パンを赤ワインと共に。昨日に続き、カミさんが作ってくれた。22時45分からNHKの『事件の涙』を視聴。3年前に起こった、近畿大の一気飲み死亡事件を取り上げていた。ひとり息子を亡くされた、私と同世代のお父さんの心情を察すると胸が痛む。唯一、自らを責め続けた友人の若者との心の交流が救いだった。23時30分就寝。

プロスポーツ法人トップと民間法人トップの違い

瀬戸大也選手の妻・優佳さん「このままでは家庭が壊れてしまうかもと思っていました」

大坂なおみに「共感する女性」が口々に語る理由

(残り 6376文字/全文: 7451文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック