【サッカー人気3位】米独目線で考える「スーパーリーグ頓挫の…

宇都宮徹壱ウェブマガジン

モンゴル代表監督、サッカー本大賞、そして多摩川クラシコ 4月5日(月)〜11日(日)

4月5日(月)雨@東京

 5時30分起床。体温36.3度。新しい1週間は自宅のある東京から。昨日、群馬での取材から戻ったばかりだが、カミさんは引き続き京都でお茶の合宿中。自宅でひとり目覚めるのはいつ以来だろうか。今日はミッションが盛りだくさん。朝食後、さっそく作業を開始。ガンバ大阪の伝説的なスカウトで、今年からバリュエンスホールディングスに活躍の場を移した二宮博さんのインタビュー原稿を完成させる。

 撮影機材をキャリーバッグに詰め込み、11時に出発。11時30分に西荻窪のコワーキングスペースに立ち寄って取材前の準備。渋谷シティFCについて、YouTubeでアップされている新体制発表会の動画を見ながら、今日の質問事項について吟味する。ランチは近くのアジア系食堂で、トムヤンクンラーメン。ああ、またタイに行きたい。

 13時15分に撤収。吉祥寺経由で渋谷に向かい、ヒカリエにてOWL Magazineの大澤あすか編集長と合流する。忙しいさなか、快くアシスタント役を引き受けてくれた。14時に渋谷シティFCの事務所にお邪魔して、代表の山内一樹さん、そして畑間直英さんに動画インタビュー。渋谷らしさを具現化したブランディング、そしてこのほど発表されたクラブマスコットについて、いろいろと興味深いお話をうかがった。

 15時に取材が終了。撤収後、あすかさんとお別れしてから吉祥寺に戻り、餃子を購入して帰宅する。今日は20時からハフコミの読書会があるので、そのための準備に集中。19時、餃子を焼いて、中華スープとサラダと一緒にノンアルでいただく。19時30分、Zoomにアクセスしたが、久しぶりだったのでちょっと手間取る。19時40分、無事にハフコミモデレーターの岡澤俊介さんと合流することができた。

 20時に読書会がスタート。今回は2016年に上梓した『サッカーおくのほそ道』を取り上げた。ゲストは、フットボール批評の前編集長であり、この本の編集者でもあった森哲也さん。ドイツ在住の指導者、中野吉之伴さんも参加していただいたので、いろいろと深みのあるディスカッションができた。21時からはお互いに好きな飲み物を片手に2次会。ちょうど関東リーグと九州リーグが始まったので、その話題で盛り上がる。

 21時45分にお開きとなり、その後は動画編集。先月末にカミさんと収録した3月の振り返り動画をまとめる。今回は17分と少し長めになったがYouTubeにアップ。明日の午前中にはWMのトップページに貼ってもらうことにしよう。今日は本当によく働いた。午前1時就寝。

アートでSDGsはどう表現できるのか? 南條史生と落合陽一が語る

SDGsについては最近、少しずつ勉強中

美はノックにも宿る。ジェットストリームが宝石の代わりに手に入れたもの

iPadを使う前はジェットストリームで取材ノートを書いていました

(残り 5825文字/全文: 7005文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
1 2 3
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ