【サッカー人気2位】【インタビュー】樋口靖洋監督「武田と金…

宇都宮徹壱ウェブマガジン

宇都宮徹壱ウェブマガジン「ただ今準備中!」6月後半戦!(編集部・森衿子)

 JFAが「#ドドド怒涛の9連戦」と銘打ったA代表、U-24代表、なでしこによる19日間の9連戦もそろそろ終焉。皆様、リモート応援をされておられますでしょうか。特に東京五輪メンバーは選考ラストマッチということもあり、各選手のアピールも凄いものがありました。

 明日もA代表はキルギス戦ですが、宇都宮はあえて現場には行かず、発売が7月下旬に決まった写真集『蹴日本紀行』の追い込み中。今夏は気軽にアウェーにも行けない日々が続くと思われますが、この写真集で読者の皆様と蹴球の旅を楽しむことができれば嬉しいです。

 鋭意作業中の宇都宮からは「帯文(本の帯の推薦文)をダメ元でお願いした方から『喜んで!』とのお返事をいただいた!」と喜びの速報が。まだオフレコなので、実は私もその方がどなたかを知りません。ヒントは「業界外の方」らしいので、「この人では?」と思ったら、ハッシュタグ「#徹壱」をつけてツイートしてください。私も予想ツイートしようと思います(笑)!

 さてWM6月後半戦の予告です。第3週は、現在発売中の『フットボール批評』の連動企画の第2弾。松本山雅FCに続いて、今度はFC町田ゼルビアから見た「完成されたJ2」の10シーズンにフォーカスします。大友健寿社長のインタビューを中心に、宇都宮のこれまでの取材で得られた事実を反映させながら「町田はJ2に何をもたらしたのか」について検証します。

 第4週は、note株式会社の「中の人」が登場。今ではすっかりおなじみになったプラットフォームのnoteですが、サッカー界でもライターだけでなく、現役選手や指導者、さらにはJクラブの発信ツールとして活用されています。こうした状況を「中の人」はどう見ているのか。そしてnoteはスポーツ界に今後、何をもたらそうとしているのか。スポーツ部門のディレクターである、藤里純さんにじっくりお話をうかがいました。

 最後に告知です。本日6月14日(月)20時より、ハフコミウェビナーでみとまりさんが登場します!

『自分のパワーフードを見つけてパフォーマンスをU P! 現役Jリーガーで実証済み! 明日から始める体質改善~』がテーマで、一般公開の第1部は「血液型とポジションでパワーフードを知る方法!」。「血液型」別というと、よくある血液型占いのように胡散臭いと思いがち。ですが、例えばO型の人は他の血液型の人にも輸血できたり、コロナウイルスも血液型により重症化リスクが異なる研究結果が出てきたりと、それぞれの抗原、抗体による違いがあります。身体の特性をもっと活かしたいアスリートや、育成に関わる方、日々の健康に興味関心が深い方は、この機会に是非ご参加ください。

 そして「Jリーグアウォーズに『マスコット部門』の新設を!」の目標を掲げるWM新企画・「Jマスコット ウチの子が一番!」はご存知でしょうか? 第1回目のお題は「マリノスケ」です!

 ここでいくつかいただいたご質問にお答えします。

・他サポでもいいの?👉もちろんOK!
・ぬいぐるみでも大丈夫?👉もちろんOK!
・一眼レフなんか持ってないよ👉スマホの写真でOK!

 つまり「マスコット愛」を感じる写真なら全てOK!   宇都宮に「その発想は無かったわ」と言わせるアイデア写真も期待したいです!

 今後、Jリーグを動かせるか否かはあなたの投稿次第。年に一度の人気投票で消費されるだけがマスコットの存在意義ではありません。マスコットフリーク一丸となって、マスコットの「地位向上」を目指し、推していきませんか? マスコットを推して、上げていきたい人のハッシュタグは「#ウチ壱」で!

 それにしても東京五輪は、このまま開催されるのでしょうか? 1945年6月の日本は毎日のように全国で空襲による死者続出。7月26日のポツダム宣言(政府は黙殺)から「日本のいちばん長い日」を迎えます。もう過ちは繰り返したくないですね。それでは6月後半のWMもご愛読よろしくお願いいたします。

« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ