【サッカー人気1位】来週に大きな影響を与えるゲーム 最大の…

宇都宮徹壱ウェブマガジン

【無料公開】メンバーの固定化は指揮官だけの問題か? なでしこJAPANの敗北と再生をめぐる対談<2/2>

【無料公開】チーム崩壊はロンドンから始まっていた? なでしこJAPANの敗北と再生をめぐる対談<1/2>

<2/2>目次

*すべてをひとりで抱え込んでしまった宮間

*なぜメンバーは固定化されてしまったのか

*なでしこの批判記事は「手のひら返し」?

*次期監督がピア・スンドハーゲでは厳しい理由

*女子バレーはなでしこの先を行っている?

すべてをひとりで抱え込んでしまった宮間

──再び、なでしこに話を戻しましょう。ロンドン五輪から1年後、『Number』に掲載された上野さんの宮間あやインタビューですが、この時は「ドーハ20周年特集」ということもあって、ずいぶん読まれたみたいですね。

上野 ええ、おかげさまで反響も大きかったです。何人かの同業者からも「ここまで宮間の本音を読んだのは初めてだ」とツイートしてくれていました。そこでの印象的な彼女の言葉が「みんなバラバラになっていた」というものだったんですね。それはロンドン五輪の決勝を見ていてずっと感じていました。

 正直、リオ五輪予選はピッチ上での混乱以前に、彼女の中ではずっと葛藤を抱えながらのプレーが続いていたと思います。心ここにあらず、みたいな状態が初戦のオーストラリア戦から感じていました。アスリートとしても、女性としても最も尊敬している存在ですが、あやさんのあんな表情は初めて見ました。

──いずれ上野さんには、今回の予選での彼女の葛藤も含めて、ぜひとも宮間の本を書いていただきたいですね。

石井 それ、僕も読みたいな。

上野 確かに本の企画はあったんですけど、諸事情で立ち消えになってしまいましたね。いずれにせよ僕は、あんなに集中できていなくて、プレーの精度も低い宮間さんを初めて見ました。これは僕の勝手な想像ですが、死ぬほど悩んであの大会に臨んでいたはずで、今も悩み続けているような気がしています。

石井 ひとりで全部を抱えた状態で、自分が何をしなければならないのか、ずっと自問自答しているようなプレーをしていましたよね。でもって、そうした思いが周りの選手と共有できていなかった。連動性が見られなかったのも当然だったと思います。

──宮間がひとりで全部を抱えすぎたという点に関しては、やはり澤穂希の不在が大きかったと言えますかね?

上野 僕は今回の敗戦の理由を「澤ロス」に求めるべきではないと思います。宇津木(瑠美)の不在についても同様で、いなければいないで今いる選手で戦うのがチームスポーツですから。ただ、近年のなでしこ躍進の原動力って、ひとつは守備戦術が180度変わったことと、もうひとつは宮間と澤のラインだったんですよね。

──宮間と澤のライン、ですか。

上野 そう。この両者の関係は例えるなら「月」と「太陽」のようなものです。両方揃っている時と、どちらかが欠けた大会や試合は結果を見れば明らかです。ドイツでのワールドカップ決勝の同点ゴールはどうやって生まれたでしょうか? これは戦術論や理屈うんぬんを越えた関係です。その後、澤の出番は少なくなりますが、ベンチにいることでの安心感というのは間違いなくあった。

 北京五輪以降、今回の予選のように大事な大会でまったく澤がいなかったというのは、初めてのことだったんですよ。その2人のラインが失われてしまったのは、やはり大きかったと思います。「澤が」ではなくて「澤と宮間のラインが」失われたことが問題だったんです。

──その指摘は、これまであまりなかったですよね。

上野 だからこそ強調しておきたいです。ロンドン五輪でも、宮間が何か進言したい時は、まず澤さんに相談に行って2人でノリさんのところに行く。その提案が受け入れられたら、選手間ミーティングで共有される。こういった場合が多かった。今回の予選では、この流れがなくなってしまいましたよね。

──石井さんはいかがですか。

石井 「澤ロス」に関しては、僕は取材現場にはいないのでよくわからないです。ただ、チーム内というよりも、むしろJFAを含めた体制の部分ではずっと気になるところがありました。というのも、なでしこがこれまで世界大会で好成績を挙げていたにもかかわらず、女子に「技術委員長」という職がない。協会からすると、普及人口に比例して予算は付けられていると思いますから、そういう役職がないのかもしれない。でも、これからのことを考えるなら、女子にも技術委員長というポストは必要だと思うんですよね。

──なるほど。とはいえ、女子委員長の野田(朱美)さんと副委員長の上田(栄治)さんが、それに近い役割を担っていたと思っていたんですが。

上野 その2人に関しては、ちょっと距離感があるように僕には見えました。一緒にいるところをほとんど見ていないんですよね。それが合宿やマッチメイクの少なさに関係があるのか、それはわかりませんよ。でも、一枚岩っていう感じではなかったと思います。

石井 サンスポがちょろっと、そのことを書いていましたよね。女子委員会の会議がなくなって、メールだけで済ましているっていう。1行だけでしたが(笑)。

次のページ

1 2 3 4 5
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ