【サッカー人気5位】【J2箱推し宣言!終盤戦スペシャル】昇…

宇都宮徹壱ウェブマガジン

#ウチ壱 インタビュー「モフタッチ動画に選手も反応してくれるようになりました(笑)」パロふかさん😍グランパスくんファミリー

「Jマスコット ウチの子が一番!(#ウチ壱)」の第2回課題マスコットは、グランパスくんファミリー。名古屋グランパスサポのみならず、他サポの間でも人気のあるマスコットなので、じゃんじゃんバリバリ応募があるだろうと高をくくっていた。しかし。しかし。

現在、応募点数は1桁──。

これは、当企画の危機である! 皆さんからの作品のご応募がなければ、当企画は成立しないからだ。東京五輪期間中、名古屋の試合はないけれど、スマートフォンに眠っている師匠の写真、ありませんか? Jの試合がない寂しさを、マスコットの写真選びで埋めてみませんか? というわけで、協力な助っ人にご登場いただくことにした。「モフタッチ動画」で有名な、パロふかさんである。

今月はパロふかさんに、グランパスくんファミリーの秘蔵の写真をご提供いただきつつ、その魅力を語っていただくことで、さらなる作品募集を呼びかけることにしたい。7月31日の締め切りまで、あと5日。会員限定部分では、グランパスくんファミリーを撮影する上でのヒントもいただいたので、WM会員の皆さんも、ふるってご参加いただきたい(心あるマスコットファンの皆さんには「#ウチ壱」でのSNS拡散をお願いします)。

●募集期間
・2021年7月5日(月)~7月31日(土)
●送っていただく画像について
・ホームゲームやイベントなどで撮影した、マスコットの写真。または、ご自身のぬいぐるみを撮影した、ぬい撮り写真(いずれも課題マスコットに限ります)。
・お1人さま1点限定でお願いします(WM会員の方は3点まで可)。
・画像形式はjpeg、サイズは横800ピクセル以上、縦450ピクセル以上で1MB以内。
●メールでの記入事項
・お名前(ハンドルネーム可)
・年齢
・お住まいの都道府県
・サポートクラブ
・好きなマスコット
・作品に関するコメント(200字程度)
・メールアドレス
●送り先のメールアドレス
infotetewm@targma.jp
※優秀作品は当WMにて、翌月第2週に公開予定(お名前+都道府県、コメントも掲載)。なお、あくまで「作品」としての扱いになりますので、写り込んだ方のお顔に画像処理は施しません。あらかじめご了承ください。

さっそくインタビューを始めるにあたり、まずは長年謎だった、パロふかさんの名前の由来について聞いてみることにしたい。

「最初は『ふかふか』という名前でやっていたんです。『ふか』というのは、僕の名字から。これに『パロ』が付いたのは、ネーミングライツで『パロマ瑞穂スタジアム』となったのがきっかけですね。もちろん、僕自身はお金をもらっていないわけですけど(笑)。それで『パロふかふか』になって、そのうちグランパスくんからも『パロふかさん』と返してもらうようになったのをきっかけに、現在の名前に定着していった感じですかね」

マスコットファンの間では、知らぬものがいないパロふかさん。しかし、それなりに年季の入ったグランパスサポだったことは、意外と知られていないのではないか。生まれも育ちも愛知県。名古屋グランパスについては、Jリーグ開幕からずっと応援してきたという。

「働くようになってから、アウェーにもよく出かけるようになって、ACLにも7回行っています。韓国や中国はもちろん、サウジアラビアにも30万円くらいかけて行きました。『これが人生最初で最後のサウジだ』と思って(笑)。ですから、僕はマスコットではなく、基本的にサッカー観戦から入っていったんですよね」

そのうち、いつも試合の幕間にウゴウゴしている黒い存在に気づき、やがてその魅力に取り憑かれるようになっていく。もともと『お笑いマンガ道場』のりゅうのすけや『さんまのまんま』のまんまちゃんなど、バラエティ番組に登場するマスコットが好きだった。その延長線上にグランパスくんがいた、とも言えそうだ。

「勝っても負けても、いつも僕らの近くにいてくれるグランパスくんですが、昔はそんなにグリーティングはやっていなかったんですよね。クラブも上手くマスコットを活用していたとはいい難かったと思います。それがJ2に一度降格して、社長も変わって新体制になってから、グランパスくんの存在感が増したように感じます。総選挙のときも『上位を目指すぞ!』となってからSNSでの発信もそうだし、試合以外での露出も増えましたね」

そうした中で生まれたのが「モフタッチ動画」。ご存じない方に簡単に説明すると、名古屋のホームゲームでグランパスくんが、試合前に対戦相手のひとりひとりとタッチしていく様子を捉えた、ただそれだけの動画である。なぜパロふかさんは、このような動画を撮影するようになったのだろうか?

(残り 1001文字/全文: 2916文字)

ユーザー登録と購読手続が完了するとお読みいただけます。

ウェブマガジンのご案内

日本サッカーの全てがここに。【新登場】タグマ!サッカーパック
« 次の記事
前の記事 »

ページ先頭へ